編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

NEC、IoTなどに対応するストレージ強化のファクトリコンピュータ発表

NO BUDGET

2019-03-26 14:16

 NECは3月25日、デスクトップ型ファクトリコンピュータの新製品3機種「S36W」「S37K」「D28U」を発表した。同製品は5年間の長期供給と供給終了から最大10年間の長期保守を行う。販売目標は今後5年間で50億円以上としている。

 新製品は、従来製品と同じ筐体サイズに最大4台のHDDまたはSSDの搭載、ホットスペアに対応した多様なRAID設定など、ストレージ機能を強化している。また、フルサイズの拡張ボードを最大7枚搭載でき、社会インフラシステムや工場内工程監視などのIoTシステムで使用されるカメラや計測器など各種業務機器との接続が可能で、大容量データの蓄積が必要な用途に広く活用できる。

ファクトリコンピュータ「S36W」
ファクトリコンピュータ「S36W」

 ストレージ機能と拡張性の強化では、ディスクの種類として従来の500GBのHDDに加え、大容量2TBの HDDや100/500GBのSSDが選択可能で、多様なRAID構成(RAID 0/1/5/6/10)やホットスペアにも対応している。グラフィックボードなど補助電源を必要とする拡張ボードも搭載できる。

 データ処理性能では、「S36W」はインテル Xeonプロセッサ E3-1275 v5(3.60GHz)、「S37K」はインテル Core i3-6100プロセッサ(3.70GHz)、「D28U」はインテル Celeronプロセッサ G3900を搭載している。上位機種の「S36W」は処理性能を従来比で約1.2倍向上させた。新たに10GBASE-TのLANボードを追加可能となり、大容量データの高速通信を実現した。

 その他に耐環境性(動作温度5~45度、耐振動、耐ノイズなど)や、高信頼設計(長期供給部材の選定など)を旧機種から継承し、現場における過酷な利用条件下でも安定稼働を実現できる。

 税別価格は、メモリ4GB、SATA HDD 500GB×2基 ミラーリング、DVD-ROM、Windows 10 IoT Enterprise 2016 LTSBの基本構成で、S36Wが65万8000円から、S37Kが57万8000円から、D28Uが54万5000円からとなっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]