中小企業の認識不足が浮き彫りになった損保協会のセキュリティ調査 - (page 2)

松岡功

2019-04-04 07:00

サイバー保険の加入状況は50人未満の企業で4.9%

 4つ目は、サイバー保険の認知状況について。企業全体では、「よく知っている」との回答が7.7%、「ある程度知っている」が17.9%、「名前だけ知っている」が31.7%、「知らない」が42.3%となっており、サイバー保険の内容まで含めた認知度は未だ低い状況だ。

 従業員数別でみると、50人未満の企業では、「よく知っている」との回答が1.6%、「ある程度知っている」が10.4%に留まり、企業規模が小さいほど、認知度が低い傾向がある。

 5つ目は、サイバー保険の加入状況について。結果は図3のように、企業全体での加入率は12%、検討実績のある企業の割合と合わせても25%程度となっている。

図3:サイバー保険の加入状況(出典:日本損害保険協会)
図3:サイバー保険の加入状況(出典:日本損害保険協会)

 従業員数別にみると、50人未満の企業の加入率は4.9%となっており、サイバーリスクへの備えとしてのサイバー保険の活用は、まだ進んでいない状況だ。

 なお、サイバー保険とは、サイバー事故により企業に生じた第三者に対する損害賠償責任のほか、事故時に必要となる費用や自社の喪失利益を包括的に補償する保険だ。保険会社によっては、関連する付帯サービス(情報セキュリティ診断サービスなど)を提供している場合があるという。

 この調査結果では、サイバーセキュリティへの意識や対策において、とくに中小企業の認識不足が浮き彫りになった。この分野の専門家が、「企業は結局、一度痛い思いをしないと、サイバーセキュリティの怖さはわからない」と言っていたが、できるだけ多くの企業がそうならないように警鐘を鳴らし続けたい。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]