編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

NEC、グループ内の「AIと人権に関するポリシー」を策定

NO BUDGET

2019-04-04 09:26

 NECは4月2日、同社グループにおける「AI(人工知能)と人権に関するポリシー」を策定したと発表した。同ポリシーでは公平性、プライバシー、 透明性、説明する責任、適正利用、AIの発展と人材育成、マルチステークホルダーとの対話の各項目で行動指針が定められている。

 公平性では、AIの判断結果に偏りが生じる可能性を常に認識し、個人が不当な差別を受けないように努めるとしている。また、透明性では、AIの利用において、判断結果の説明が可能となる仕組みの構築を目指すとしている。

 同社は、AIの利用においてプライバシーへの配慮や人権の尊重を最優先して事業活動を推進するためにポリシーを策定したと説明。NECグループがAIの利用に関する事業を推進する際に、各国・地域の関連法令などの順守を行動に結びつけるために活用する。

 NECグループは、同ポリシーをもとに「AIの活用がNECグループ社員だけでなく顧客やパートナーにおいても適正な用途で行われること」「AIの利用促進に向けた技術開発と人材の育成を行うこと」「AIの利用に関してさまざまなステークホルダーとの連携・協働を促進すること」の3つに取り組んでいくとしている。

 

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]