編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
企業買収

グーグル、データアナリティクスの新興企業Lookerを買収へ--約2800億円

Shelby Brown (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2019-06-07 10:10

 Googleが、ビジネスインテリジェンスプラットフォームのLookerを買収する計画を発表した。買収額は26億ドル(約2800億円)。Lookerは「Google Cloud」に加わる。Google、Looker、Googleの親会社Alphabetが米国時間6月6日に明らかにした。

Google
提供:Alain Jocard/Getty Images

 GoogleはLookerを買収し、データ利用を強化する。Lookerは、さまざまなデータリソースのビジネス指標を定義する一貫性のある手法を、Googleが顧客に提供できるよう支援するとGoogleは説明している。

 Google CloudにLookerが加わり、データのインサイトや組み込み型のアナリティクス、視覚化などのより包括的なアナリティクスソリューションを顧客に提供していくとGoogleは述べている。Google Cloudを利用する企業は、アナリティクスや機械学習、人工知能(AI)の能力をより有効に活用できるようになる。

 Google最高経営責任者(CEO)のSundar Pichai氏は、「Googleのミッションを推進する最も重要な手段の1つは、他の企業がそれぞれのミッションを把握できるよう支援することだ」と述べた。「LookerをGoogle Cloudに迎え入れることをうれしく思っており、協力して顧客が最大の課題の一端を解決できるよう支援していきたい」(Pichai氏)

 LookerのCEOであるFrank Bien氏は、変化は決してたやすくないが、GoogleとLookerは4年にわたって密接に連携してきたと述べた。

 Bien氏はリリースの中で、「決してLookerの終わりではない。はるかに大きな将来を前にわれわれの第1章の幕を閉じるだけだ」とし、「われわれは、ともにこのミッションに着手したばかりで、Google Cloudの中でLookerの構築を続けていくことを楽しみにしている」と述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]