ブロックチェーンのプロジェクトを失敗に導く7つの過ち

Steve Ranger (ZDNet UK) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子 2019年06月24日 06時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 ブロックチェーンは現在、最も過剰に持ち上げられているテクノロジーの1つと言えるだろう。その支持者たちは、新しい通貨の創出から、政府活動の透明性の向上、サプライチェーンの安全性の強化に至るまで、あらゆることが可能だと主張している。さらには、ブレグジット後の英国と欧州の間における貿易にまつわる問題を解決する魔法のようなテクノロジーだとさえ主張する人々もいる。

 しかし、ブロックチェーンに対する関心の高まりとは裏腹に、市場における宣伝文句と現実の間には依然として大きな隔たりがある。

 Gartnerの調査によると、実際にブロックチェーンのプロジェクトを配備している、あるいは短期計画の最中であると回答したのは、10社のうち1社の割合にとどまっているという。同社は、こういったイニシアティブの大半が初期の実験段階から抜け出せていない点にその理由があると述べている。

 Gartnerのシニアリサーチディレクターを務めるAdrian Leow氏は、「ブロックチェーンのプラットフォームやテクノロジーの市場はまだ揺籃期にある。また、製品のコンセプトや機能群、コアアプリケーションの要件といった、核となるコンポーネントに関する業界のコンセンサスが得られていない状態だ」と警告している。

 同社は、ブロックチェーンのプロジェクトで陥りがちな大きな過ちを7つ挙げている

  1. ブロックチェーンそのものに対する誤解や誤用がある
    ブロックチェーンのプロジェクトの大半は、分散化されたコンセンサスやトークン化、スマートコントラクトといった機能を無視し、分散台帳技術(DLT)を用いたブロックチェーン上へのデータの記録のみを目的としている。このようなプロジェクトを遂行する組織は、ブロックチェーンの完全な機能すべてをめったなことでは使用しないため、そもそもブロックチェーンを実際に必要としているかどうかという疑問につながっていく。
  2. ブロックチェーンテクノロジーが本番使用に耐えられるという前提に立っている
    ブロックチェーンに関するほとんどのサービスやテクノロジーは、セキュリティやネットワーク管理サービスに対する期待を伴う大規模な本番環境で稼働させるには、あまりにも未熟すぎる。
  3. 基本的なテクノロジーと完全なシステムを混同している
    ブロックチェーンは基盤となるテクノロジーであり、完成されたアプリケーションではなく、ユーザーインターフェースやビジネスロジック、データの永続性や相互運用性を支えるメカニズムといった機能が欠落している。Gartnerは「ブロックチェーンの話になった場合、この基盤レベルのテクノロジーは、完全なアプリケーションのソリューションから大きく離れているわけではないという暗黙の前提が存在している。しかし、そうではない」と述べている。
  4. ブロックチェーンのことを単なるデータベースやストレージメカニズムだと誤解している
    ブロックチェーンは、信頼できない当事者がとった行動の記録を、不変で権威ある、そして信頼性を伴ったかたちで提供するためのものだ。つまり、ブロックチェーンのエントリーは変更できないという点で、従来のデータベースとは異なっている。このためGartnerは、場合によっては従来のデータ管理ソリューションの方が適切だと述べている。
  5. 相互運用性や標準が存在するという前提を置いている
    ほとんどのブロックチェーン製品は発展途上の段階であるため、あるサービスと別のサービスの間で将来的な相互運用性が保証されると仮定してはいけない。またGartnerは、ブロックチェーンプラットフォームを選択する際には、他のベンダーから今後登場するテクノロジーとの相互運用性を期待してはいけないと警告している。
  6. スマートコントラクトが成熟したテクノロジーだと信じ込んでいる
    スマートコントラクトはおそらく、ブロックチェーンがもたらすテクノロジーのうちで最もパワフルなものだ。しかし、スケーラビリティーと管理性にはまだ難題が残されており、成熟するまでにはあと数年が必要となるはずだ。
  7. ガバナンスの懸念を無視している
    人間の振る舞いや動機が、公開型のブロックチェーンプロジェクトの技術的なガバナンスを通じて取り組まれることはめったにない。このため組織は、自らのプロジェクトの成功を阻むリスクとなり得る問題に注意しておく必要があり、こういったガバナンスモデルの定義を支援するグループへの参加を考慮すべきだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft Inspire
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]