企業は特定の流行技術にとらわれるべきではない--ヴイエムウェアのCTO

國谷武史 (編集部) 2019年07月04日 16時56分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 米VMwareのCTO(最高技術責任者)を務めるRay O'Farrell氏は7月4日、都内で記者会見し、企業の「デジタル変革」にも影響するテクノロジーのトレンドに対する見解などを説明した。同氏は、企業のCIO(最高情報責任者)やCDO(最高デジタル責任者)に対し、「特定のテクノロジーにとらわれることなく、さまざまなテクノロジーがつながることで社会に与える影響に注視すべきだ」と述べた。

VMware上席副社長 CTOのRay O'Farrell氏
VMware上席副社長 CTOのRay O'Farrell氏

 同氏は、社会構造を大きく変えるテクノロジーのトレンドの間隔が狭まっていると説く。産業革命を起こした蒸気機関の発明から機械の大量生産化までと、大量生産化からコンピューターの汎用化までにはそれぞれ約100年を要したが、IoTなど現在到来しつつある「サイバーフィジカルシステム」までは50年ほどに短縮された。この間隔はより短くなり、企業はテクノロジーをより俯瞰的に捉えて対応すべき――というのが、O'Farrell氏の見解だ。

 O'Farrell氏によれば、同社は社会に大きな提供を与えるテクノロジーを「Tech Superpowers」と呼び、エッジ/IoT、クラウド、AI(人工知能)/機械学習、モバイル――の4つを挙げている。

VMwareが「Tech Superpowers」と呼ぶ技術トレンド
VMwareが「Tech Superpowers」と呼ぶ技術トレンド

 エッジ/IoTは、現状では特定のデバイスにセンサーやネットワークを接続し、そこでのデータを特定の目的に利用できるかという実験的な取り組みが中心。一段階進んだところでは、データを直接データセンターに集めて処理することの非効率性や処理遅延の課題が顕在化し、エッジコンピューティングを併用するような分散処理をしている。しかしO'Farrell氏は、その先として、個別の取り組みから得た複数の知見を組み合わせ、集合知のような形で利用できるようにすることが重要だと述べた。

 クラウドでは、現在の主流はオンプレミスと併用するハイブリッド型への変化になっている。ただ、エッジ/IoTの文脈を踏まえ、ネットワークあるいはデータセンターの所在といった物理的制約、さらには欧州の一般データ保護規則(GDPR)などデータレギュレーションへの対応などが課題になり、ここではマルチクラウドと適切なデータ利用を考慮した運用モデルを適用しなければならないという。

 AI(人工知能)/機械学習についても、エッジ/IoTと似たように、個々の学習データから個々のアルゴリズムやモデルを単に追究するばかりではいけないと説く。開発されたアルゴリズムやモデルを効果的に組み合わせて迅速かつ効率的に精度を高め、現実社会に適用していくアプローチが求められるとしている。

 モバイルは、既にインターネットやスマートフォンの普及によって、個人と企業・組織、社会を相互に接続させるインフラとなっている。O'Farrell氏は、上述の3つのテクノロジートレンドと相まって、モバイルに接続されるステークホルダー同士の関係性はより緊密になっていくと解説した。

 O'Farrell氏の挙げたテクノロジートレンドは、単体でも大きな変化が続いている状況だが、同氏はそれらが有機的に結び付くことでより強力なものになり、現実社会に変化を与える存在として機能していくと提起している。

 さらに同氏は、将来的なテクノロジーリスクの1つとして、量子コンピューターによる現代の暗号技術の危殆(きたい)化も挙げた。現代の暗号技術は、基本的にコンピューターの処理能力を駆使しても現実的な時間の範囲で暗号アルゴリズムなどの解析が極めて困難(理論的には可能でも)ということを前提に利用されている。ただ、既存のコンピューターでも処理能力が向上していることで、古い暗号アルゴリズムは利用停止が勧告されている。

 O'Farrell氏は、現状の量子コンピューターはまだ従来型のコンピューターに及ばないが、急速な開発によって、2025年頃には現代の暗号技術を突破できる能力を手にするだろうと語る。これが現実になれば、上述したようなテクノロジートレンドがもたらす近未来の社会のリスクになるというのが同氏の見立てになる。既に、同じDell TechnologiesグループのRSA Securityらと、このリスクに対する調査や研究に共同で取り組んでいるという。

量子コンピューターの進化がもたらす現代暗号技術の危殆化に備えた取り組み
量子コンピューターの進化がもたらす現代暗号技術の危殆化に備えた取り組み

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
教育IT“本格始動”
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft Inspire
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]