編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

グーグル、ハイブリッドクラウド導入促す移行ツールやネットワーキング機能を拡充

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2019-08-01 12:22

 Googleは米国時間7月30日、企業におけるハイブリッド/マルチクラウド戦略の推進に活用できる一連のツール群を発表した。これには、「Microsoft Azure」から仮想マシン(VM)を移行するための新たなサービス(ベータ版)も含まれている。またGoogleは、アプリケーションのモダナイゼーションに取り組んでいる企業に向けたネットワーキングポートフォリオの拡張も発表した。

 まず、「Migrate for Compute Engine」が拡張され、Azure上のVMがサポートされるようになった。これにより企業はAzure上のVMを「Google Compute Engine」(GCE)へと直接移行できるようになる。現在はベータ版となっている。Migrate for Compute Engineでは既に「Amazon Elastic Compute Cloud」(Amazon EC2)上のVMの移行をサポートしており、今回の新サービスはこれを補完するものとなっている。

 またGoogleは同日、「Migrate for Anthos」のベータ版の提供開始も発表した。このツールを利用することで顧客は、オンプレミス上やGCE上のVMを、「Google Kubernetese Engine」(GKE)上で稼働しているコンテナに直接変換し、移行できるようになる。さらにGoogleは、サポート対象のVMソースを増やしており、Amazon EC2やAzureからもVMをGKE上のコンテナに直接移行できるようになる。

 このほかにもGoogleは、サービスメッシュの配備と管理を促進するためのツールを強化している。これにより、企業のマイクロサービス採用に伴うサービスやトラフィックの管理を一貫性あるかたちで維持できるよう支援する。

 「Anthos」プラットフォーム上での一般提供が開始された「Traffic Director」は、スケーラビリティーとレジリエンスを備えたフルマネージド型のサービスメッシュ用トラフィックコントロールプレーンだ。これにより、プラットフォームに依存しないネットワーク機能を実現する、「Envoy」や類似のプロキシーに対してコンフィギュレーションやポリシー、インテリジェンスが提供される。またTraffic Directorは、インテリジェントなロードバランス機能とともに、トラフィックスプリッティングやフォールトインジェクション、サービスへのミラーリングといった高度なトラフィック制御を提供する。

 さらにGoogleは「Layer 7 Internal Load Balancer」(L7 ILB)のベータ版提供開始を発表した。これによりレガシーな環境下でのパワフルなロードバランス機能がもたらされる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]