編集部からのお知らせ
「サイバー防衛」動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

AMD、第2世代「EPYC」プロセッサーをリリース--新たなデータセンターの標準へ

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2019-08-08 13:49

 AMDは2年前、停滞の続くデータセンター市場に再進出し、大成功を収めた。同社の「EPYC」プロセッサーシリーズはサーバー市場を変革し、大いに必要とされていた競争力をIntelにもたらした。

 AMDは米国時間8月7日、第2世代となる「EPYC 7002」シリーズ(開発コード名「Rome」)のプロセッサーをリリースし、データセンター戦略における次の一歩を踏み出した。EPYC 7002 Seriesは、世界初の7ナノメートル(nm)プロセスで製造されたサーバー用プロセッサーで、AMDにとっては大きな節目であり、10nmチップの製造に苦戦してきたIntelにとっては、大きな打撃となる。

 AMDでDatacenter Solutions Groupのゼネラルマネージャーを務めるScott Aylor氏によると、EPYC 7002のリリースは、AMDと業界にとって転換点だという。

 「われわれは首位を目指す」と、Aylor氏は米ZDNetに語った。

 第1世代のEPYCチップによって、AMDのシェアは1桁代半ばまで上昇したが、Intelはまだ市場を圧倒的に支配している。Aylor氏によれば、第2世代のEPYCチップのリリースにより、AMDは性能やアーキテクチャー、セキュリティの面で首位に立つという。

 「第2世代EPYCはまさにデータセンターの新たな標準を作ろうとしている」(同氏)

 AMDは新しいプロセッサーのリリースに際し、大口顧客も獲得した。例えばGoogleは、社内インフラとして使われる本番のデータセンター環境で第2世代のEPYCチップを採用したことを発表した。2019年後半には、「Google Compute Engine」でこのプロセッサーを搭載する新しい汎用マシンをサポートする予定だ。

 既に報じられているように、第2世代のEPYCプロセッサーは、7nmプロセスで製造されるチップレット最大8個と14nmプロセスで製造されるI/Oダイを組み合わせており、最大64のZen 2コアを搭載する。第1世代のEPYCチップと比べて、1ソケット当たりの性能は2倍、浮動小数点演算性能は最大で4倍になる。

AMD EPYC

 EPYC 7002シリーズは、「大規模かつデータの急増に対応できるワークロード」で、競合製品の性能を80~100%上回ると、Aylor氏は語る。

 この業界では1世代経るごとに性能が10~20%ほど向上するのが一般的であることを考えると、これはすばらしい快挙だという。

 「性能を2倍にし、ライバルに対してそれだけの水準のリードを保っていければ、世代を重ねるごとに性能は加速度的に向上する。顧客やパートナーが興奮を抑えられない理由は想像がつくだろう」(Aylor氏)

 EPYC Romeプロセッサーは、レーン数128の初めてのPCIe 4.0対応x86サーバーCPUだ。8つのメモリーチャンネルと、「妥協のない」シングルソケットのサポートが特徴で、部品数がわずか19の比較的単純なプロセッサースタックを誇る。安全なメモリー暗号化と暗号化された安全な仮想化の機能を備えている。

 AMDは第1世代のEPYCプロセッサーから、堅調に市場にチップを投入している。2017年に発表されて以来、60を超えるEPYCサーバープラットフォームが存在し、Amazon Web Services(AWS)、Microsoft Azure、Baidu、Tencent Cloudをはじめとする大手クラウドサービスプロバイダーが50を超えるEPYCを利用するクラウド製品を提供しているという。

AMD EPYC

 Dell Technologiesは7日、第2世代のEPYCプロセッサー向けに最適化された新しいサーバーなどの「PowerEdge」サーバーの広範なポートフォリオを提供していくと述べた。

 AMDの確かなパートナーであるHewlett Packard Enterprise(HPE)は、今後1年半でEPYC搭載製品の数を3倍にする計画だとしている。

AMD EPYC

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]