編集部からのお知らせ
動画セミナー「Security Trend Winter」公開中!
最新記事まとめ「ローカル5G」
ハードから読み解くITトレンド放談

サーバの復権に挑むAMD--順調な立ち上がりを見せたEPYCプロセッサ

山本雅史

2018-10-26 06:00

順調な立ち上がりを見せたAMD EPYC

 AMDが再度サーバ市場に投入した「EPYC」プロセッサは、コンシューマー向けの「Ryzen」プロセッサのコストパフォーマンスの高さといったある程度の評価を得て、クラウド事業者、大学や研究所などのハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)用途を中心にして、採用が始まっている。

現在のサーバは大きな変換点に差し掛かっている。ハイパーバイザを使った仮想化からコンテナを使った仮想化へと変化し、クラウド利用も企業では当たり前になっている
現在のサーバは大きな変換点に差し掛かっている。ハイパーバイザを使った仮想化からコンテナを使った仮想化へと変化し、クラウド利用も企業では当たり前になっている
EPYCは初年度で多くのサーバベンダーが採用製品をリリースし、ネットワークやストレージおよびメモリ、GPUやFPGAのベンダーからも賛同を得ている
EPYCは初年度で多くのサーバベンダーが採用製品をリリースし、ネットワークやストレージおよびメモリ、GPUやFPGAのベンダーからも賛同を得ている

 今回は、同社でEPYCを担当するScott Aylor氏との懇談での取材をベースに、2018年現在のEPYCの状況や将来性などを解説していく。

 まずEPYCの最大の特徴は、Ryzenで採用されたZenコアの高いパフォーマンスとマルチダイを採用していることにある。Zenコアに関しては、Ryzenの発表からすぐに、コンシューマー向けPCでのマーケットシェアが非常に小さくなっていた同社のシェアを一気に回復させる結果になった。また大手のPCメーカーでは、Ryzenがリリースされる前は、ほとんどがIntelプロセッサだけだった。しかし、Ryzenのリリース後は、デスクトップPCだけでなくノートPCにおいても(GPU内蔵のRyzenがリリースされた結果)、Ryzenを採用する製品がリリースされてきている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]