編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

Dell EMC、AMD EPYC搭載の第14世代「PowerEdge」サーバ3機種を発売

藤本和彦 (編集部)

2018-02-07 17:33

 デルとEMCジャパン(Dell EMC)は2月7日、第14世代「PowerEdge」サーバのラインアップに「R6415」「R7415」「R7425」の3製品を加えて、販売を開始した。いずれのモデルもAMDのサーバ向けCPU「EPYC」を搭載する。

 新製品はエッジ処理やソフトウェア定義ストレージ(SDS)、高性能計算(HPC)などのワークロードに適しているとする。また、既存の第14世代PowerEdgeサーバと同じく、リモート運用管理「iDRAC 9」とモバイル端末を使ったサーバ管理「Quick Sync 2」といった機能を備える。

 R6415は、1Uラック型の1ソケットサーバで、最大32個のCPUコア、最大10台のPCIe NVMe SSD、最大2Tバイトのメモリを搭載可能。税別価格は67万6500円から。

R6415の製品イメージ
R6415の製品イメージ(出典:Dell EMC)

 R7415は、2Uラック型1ソケットサーバで、AMD EPYCベースのVMware vSAN Ready Nodes認証モデルとなっている。vSAN 4ノードクラスタ当たり、システム全体の総所有コスト(TCO)を最大20%改善するとしている。最大32個のCPUコア、最大24台のPCIe NVMe SSD、最大2Tバイトのメモリを搭載可能。税別価格は73万6100円から。

 2Uラック型2ソケットサーバのR7425は、コンテナ、ハイパーバイザ、仮想マシン、クラウドコンピューティングの各分野で最大24%の優れたパフォーマンスを記録し、HPCでは流体解析(CFD)の絶対性能で最大25%の性能向上を記録したとしている。最大64個のCPUコア、最大24台のPCIe NVMe SSD、最大4Tバイトのメモリを搭載可能。税別価格は91万1800円から。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する

  2. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  3. セキュリティ

    APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?

  4. セキュリティ

    クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?

  5. マーケティング

    ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]