編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Dell EMC、AMD EPYC搭載の第14世代「PowerEdge」サーバ3機種を発売

藤本和彦 (編集部)

2018-02-07 17:33

 デルとEMCジャパン(Dell EMC)は2月7日、第14世代「PowerEdge」サーバのラインアップに「R6415」「R7415」「R7425」の3製品を加えて、販売を開始した。いずれのモデルもAMDのサーバ向けCPU「EPYC」を搭載する。

 新製品はエッジ処理やソフトウェア定義ストレージ(SDS)、高性能計算(HPC)などのワークロードに適しているとする。また、既存の第14世代PowerEdgeサーバと同じく、リモート運用管理「iDRAC 9」とモバイル端末を使ったサーバ管理「Quick Sync 2」といった機能を備える。

 R6415は、1Uラック型の1ソケットサーバで、最大32個のCPUコア、最大10台のPCIe NVMe SSD、最大2Tバイトのメモリを搭載可能。税別価格は67万6500円から。

R6415の製品イメージ
R6415の製品イメージ(出典:Dell EMC)

 R7415は、2Uラック型1ソケットサーバで、AMD EPYCベースのVMware vSAN Ready Nodes認証モデルとなっている。vSAN 4ノードクラスタ当たり、システム全体の総所有コスト(TCO)を最大20%改善するとしている。最大32個のCPUコア、最大24台のPCIe NVMe SSD、最大2Tバイトのメモリを搭載可能。税別価格は73万6100円から。

 2Uラック型2ソケットサーバのR7425は、コンテナ、ハイパーバイザ、仮想マシン、クラウドコンピューティングの各分野で最大24%の優れたパフォーマンスを記録し、HPCでは流体解析(CFD)の絶対性能で最大25%の性能向上を記録したとしている。最大64個のCPUコア、最大24台のPCIe NVMe SSD、最大4Tバイトのメモリを搭載可能。税別価格は91万1800円から。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]