ペーパーロジック、大量定型文書の電子化サービス--雇用契約の電子化に対応

藤代格 (編集部)

2019-10-07 07:15

 ペーパーレス化サービスを提供するペーパーロジック(品川区)は、雇用契約などの大量、定型の契約書処理を自動化できるSaaS「contrack」を発表した。電子化で処理スピードが向上、追跡もできるという。同日から提供する。

 Word形式のひな形に、宛先となるメールアドレスや日付などの変数データをCSVファイルで挿入。時刻証明書となるタイムスタンプを含んだ作成者の電子署名入り契約書のPDFを一括作成、10年間保存できるという。相手への送信や確認依頼の通知までを自動化し、契約状況の確認、管理ができるとしている。

 税別月額利用価格は1万円、契約書1件ごとに200円。スマートフォンからも活用できるという。基盤はAmazon Web Servicesを採用。

 ストレージ機能を備え、保存要件にも完全対応するという「paperlogic電子契約」サービスと比べ、より大量処理が必要な契約向けのサービスになるとしている。

 労働基準法施行規則が改正され、4月以降、従来紙の書面での交付が義務付けられていた「労働条件通知書」がメールで明示できるようになっている。

 労働条件通知書は、契約期間や賃金、業務内容、就業場所、終業時間などの労働条件をまとめた文書。同社の調査によると、雇用契約を電子化している企業は2割という。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]