編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

インテル、Pivot Technology Solutionsの「Smart Edge」プラットフォームを買収へ

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2019-10-21 10:02

 Intelは米国時間10月15日、ITインフラおよびサービスのプロバイダーであるPivot Technology Solutionsのエッジコンピューティングプラットフォーム「Smart Edge」を買収する契約を締結したと発表した。この買収は、5Gネットワーク向けのエッジコンピューティング市場に対するIntelの取り組みを強化するものとなる。

 Intelのデータセンターグループ担当バイスプレジデント兼ネットワークコンピュート部門担当ゼネラルマネージャーであるDan Rodriguez氏は「この買収によって、エッジコンピューティングをリードする立場で5Gネットワークによる変革に取り組むための当社の能力が強化される。当社のテクノロジーとチームを最大限に活用することで、顧客のために強力なソリューションを生み出すとともに、エッジコンピューティング市場の発展を加速させる計画だ」と述べている。

 Intelによると、Smart Edgeプラットフォームは「Intel Xeon Scalable」プロセッサー上での稼働を前提として構築されており、「OpenNESS」プロジェクトを補完するものだという。このプラットフォームは将来的に、「Intel Optane」メモリーや、「Intel FPGA」、その他のアクセラレーターを活用するようにもなるという。

 買収は今後の数週間で完了する予定であり、その暁にはSmart Edge事業に携わっている約25人の従業員は、Intelのネットワーク&カスタムロジックグループに加わることになる。また、IntelとPivotは優先パートナー契約を締結する予定であり、これによりPivotはSmart Edgeの認定リセラーになるとともに、Smart Edgeをベースにしたエッジサービスのソリューションに関するIntelの非独占的優先システムインテグレーターとなる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]