編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Slack、アプリの見つけやすさや使いやすさを改善--複数の新機能

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2019-10-23 13:56

 Slackは米国時間10月22~23日にかけて、開発者会議「Spec 2019」を開催しており、Slack内でアプリをより見つけやすく、使いやすくするためのさまざまなアップデートや新機能を発表した

Slack

 今回発表された最新のアップデートは、主にSlackプラットフォームと統合するアプリの可視性と実用性を高めることに焦点を当てている。そうすることで、Slackはユーザーの全体的な体験を向上させようとしている。さらに、アプリの開発を容易にし、開発したアプリを見つかりやすくすることで、開発者にもアピールしている。

 今回のアップデートでは、Slackアプリツールキットが大幅に進化した。権限モデルや「ブロックキット」のほかアクションなどが改善されている。

 Slackは、権限付与の仕組みについていくつかアップデートした。開発者はアプリが機能するのに必要な情報のみを要求できるようになるという。

 また、アプリ用の新しいホームタブを導入した。より簡単にアプリにアクセスし、視覚的に操作できるようにする狙いがある。このスペースは、開発者がアプリの機能やその可能性を示すことのできる場を提供する。さらに、Slackでのアプリの表示が新しくなった。ユーザーが自分のインストールしたアプリや、自分とチームが利用できるアプリを簡単に確認できるようになっている。

 Slackでアプリを起動する新しい方法も提供されている。同社は、簡単なショートカットを使ってSlack上の複数の場所からアプリのアクションが始めやすくなったと説明している。

 さらにSlackでアプリを構築するためのUIフレームワークである「ブロックキット」に、よりインタラクティブで使いやすい体験を実現する新たなコンポーネントが追加されている。マルチステップのモーダルによって、情報の表示や収集がより簡単になった。モーダルは、Slackインターフェースの上に出てくるウィンドウだ。マルチステップのモーダルウィンドウによって、これまで複雑だったワークフローをつなぎ合わせることができるようになっている。

 Slackによると、例えばQualtricsはモーダルを試験利用しており、Slackでの従業員アンケートのカスタマイズ、実施、モニターなどを実現しているという。

 Slackは10月に入り、 日間アクティブユーザー数が1200万人を超えたことを明らかにしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]