“データの次の10年”に向けて--オールDell EMCのコンバージドインフラ登場 - (page 2)

末岡洋子

2019-11-15 06:45

 コンピュート、ストレージ、ネットワーキングを論理的にプールして、アプリケーションのニーズに合わせてAPIで割り当てることができる、とRoese氏。肝を握るのは“脳”の役割を掌る「PowerOne Controller」とするオートメーションエンジン。

 Kubernetesと構成管理ツール「Ansible」ワークフローを活用し、コンポーネントの構成設定やプロビジョニングなどの管理を自動化する。「現在の技術と比べてスムーズで、少ない作業で、簡単にインフラを構築できることを目標とした」と述べる。

Dell EMC CTO John Roese氏
Dell EMC CTO John Roese氏
PowerOne
PowerOne

 実際、人間の作業を98%削減可能とRoese氏、「VMwareとの深い連携により、クラスタの初期化を数クリックで完了できる」とのことだ。根底にあるのは“データの次の10年”で重要なのは、人の作業をどこまで自動できるか――。

 「ゼタバイト級のストレージ環境を管理するためには多数のストレージ管理者が必要。だが、その人材を確保することは現実的ではない。2030年までの間に人とITのキャパシティの比率を3~5倍で改善しなければならない」(Roese氏)

 PowerOneは11月末に提供を開始する。

クラウドのようにオンプレミスのハードウェアを消費

 2つ目の発表となる「Dell Technologies on Demand」は、使った量に応じて対価を払う従量課金体系。成長に応じて拡張できる「Pay As You Grow」、最小使用量のコミットを選択して使用量に応じて課金される「Flex On Demand」、データセンター全体を対象とする「Data Center Utilityの3種類を用意し、サポートオプション(3種類)もバンドルできる。

 「企業は、自社に最適な形で技術の消費と購入ができるようになる」とDell氏は説明する。

 Dell Technologies on Demandはまず、PowerOneやサーバーのPowerEdgeシリーズなどで利用できる。パートナーも自社顧客向けに同サービスを提供できる。

 “as a Services”としては、Dellはすでに法人向けに「PC as a Service」を提供しており、今回小規模企業をサポートする強化が加わった。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]