編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る
Gartner Symposium

CIOがリーダーとなりデジタル化と伝統的ITの均衡点を目指すべし--ガートナーのアナリスト陣が力説

日川佳三

2019-12-04 06:00

 ガートナー ジャパンは2019年11月、年次カンファレンス「Gartner IT Symposium/Xpo 2019」を開催した。オープニングの基調講演には、米Gartnerおよびガートナー ジャパンの4人のアナリストが登壇、「『転機』を『勝機』に変える:デジタル社会におけるリーダーシップ」と題し、伝統的ITとデジタル化の均衡点であるテクウィリブリアムを軸に、CIO(最高情報責任者)とIT部門が進むべき道筋を解説した。

米Gartner マネージングバイスプレジデントのLee Weldon氏
米Gartner マネージングバイスプレジデントのLee Weldon氏

 「デジタル社会の競争を勝ち抜くためには、各社にとっての『TechQuilibrium(=テクウィリブリアム:デジタル化の均衡点)』を見つけ出す必要がある」――。最初に登壇したLee Weldon氏は、Gartnerが提唱するテクウィリブリアムについて、こう説明した。

 テクウィリブリアムとは、デジタル化と伝統の適切な均衡点を指す言葉だ。均衡点は、世の中の多くのことに当てはめることができる。どのように意思決定するのか、どのように先導するのか、どのように顧客や市民に伝えるのか、どのようにデジタル社会の中で足場を築くのか――各種の場面で均衡点を見出す必要がある。

 テクウィリブリアムが重要になる背景としてWeldon氏は、不確実性を生む3つの力(転換点)を挙げる。(1)地政学的シフト、(2)経済的シフト、(3)巨大デジタル企業の台頭――だ。これら3つの力がCIOにプレッシャーをかけている。「企業には両立のジレンマがある。ブレーキとアクセル、コスト削減と成長投資などだ」(Weldon氏)

 第1の転換点は、地政学的シフトだ。今後、クラウドサービスなどのインフラが劇的に変化する。変化の方向は、社会の風向き、政治、税金、ルールなどに対してどう吹くかによって変わる。着目すべきは、人や資産の場所だ。どこで仕事をしているのかといった問題だ。

 第2の転換点は、経済的シフトだ。2008年の金融危機では、これを好機と捉えた企業と、そうでない企業との間で差が生まれた。日本のユーザーの例では、星野リゾートが上手くいったとする。ホテルを所有せずに運営に特化し、成長した。コスト削減と投資成長を両立させた。

 第3の転換点は、“デジタル巨人”の台頭だ。Gartnerの調査では、取締役の80%以上が、「デジタル巨人によって自らの業界が大きく影響を受ける」と回答している。デジタル巨人の台頭によって、全ての業界のユーザーがデジタル化に取り組むようになる。

伝統とデジタルの均衡点は会社によって異なる

 基幹業務は、伝統的ITとデジタル化のバランスで成り立つ。伝統的な企業は、デジタル化にまい進している。一方でデジタル巨人は、買収などによって伝統的な業態に寄せている。デジタル社会では、伝統企業とテクノロジ企業の境目が消える。それぞれの企業が均衡点(テクウィリブリアム)を見つけなければならない。

 どれだけデジタル化するべきかは、業界によって異なる。例えば、メーカーの均衡点は、政府機関やリテールバンクよりもデジタル化の度合いは低く、より伝統的なITに近い。一方、デジタル巨人も、伝統への再構築を目論み、それぞれの均衡点(テクウィリブリアム)を探っている。

 Gartnerでは、企業が均衡点(テクウィリブリアム)に到達するまでに要する時間を、7年と見ている。CIO調査では、デジタル化されている売上は20%で、デジタル化されている社内運用プロセス(オペレーション)は39%であり、多くの企業は均衡点に到達していない。これに対して、世界のトップ企業は、売り上げの44%がデジタル化されており、オペレーションの62%がデジタル化されている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]