サイボウズがリモートワークをするまで--「信頼関係」を前提に運用 - (page 2)

なかむらアサミ (サイボウズ チームワーク総研)

2019-11-25 07:00

 状況をみながら、出社判断基準に基づく役員からのアナウンスがあるという状態がしばらく続きました。

提示された出社判断基準。15日とは3/15のこと(出典:サイボウズ)
提示された出社判断基準。15日とは3/15のこと(出典:サイボウズ)
社長の青野氏の実際の投稿(出典:サイボウズ)
社長の青野氏の実際の投稿(出典:サイボウズ)

 3月だったため、経理部では決算に向けた作業が実施されていました。「在宅勤務が難しい内容の業務」と経理部のメンバーも考えていましたが、状況を考慮し、リモートで自宅作業できるよう情報システム部主導で対策。無事に決算を終えることができました。

 これら一連の体験が、私たちの在宅勤務制度を本運用させていったのはいうまでもありません。

ルールの簡素化

 試験導入中は「月4回まで」だった在宅勤務制度は、台風や大雪などの通勤困難が理由の場合は月4回を越えてもOKとなり、そのうち制限なし(個人とマネージャー判断に任せる)となっていきました。

 また申告も、前日申告と成果申告から、前日申告のみとなり、現在は当日申告も可となっています。

 ルールの簡素化は、災害などコントロールできない外部要因が増えていったことと、色々運用していくうちに「信頼関係」に基づいて運用する方がお互い気持ちが良いと気付いたからです。

 現在では、各チーム内のコミュニケーションでの申告とあわせ、スケジュールも共有することで運用しています。

現在の一例(出典:サイボウズ)
現在の一例(出典:サイボウズ)

 以上が、サイボウズがリモートワークを導入していった経緯です。

 震災という大きな出来事と重なり、あまり汎用的な例とはいえないかもしれませんが、リモートワークのメリットを全社員で体感できました。現在の運用につながっていると言えるかもしれません。

ルールと信頼関係のバランス

 「制度を作る」ということは、いわば「ルールを作る」ということ。しかし、運用していくうちにそのルールが先行し、本来の意図とは違うように解釈されたり、使われたりということは少なくありません。

 リモートワークも、対象者や場所、セキュリティなどを考慮すると、一見「ルールだらけ」の制度になりがちです。

 サイボウズの在宅勤務制度も、最初は成果報告を求めることから始まりました。既述のように、それを「しんどいな」と思い、積極的に利用しようと思いにくかった点があります。また、「さぼっていると思われたくない」という気持ちが出てくるのもリモートワークならではの悩みです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]