編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」
ハードから読み解くITトレンド放談

2020年のPC/モバイル向けプロセッサーを占う--ARM編

山本雅史

2020-01-09 06:00

 2019年は、AMDの躍進が目立った。Intelは、10ナノミリ(nm)の半導体製造プロセスでトラブルを抱え、新プロセッサーが計画通りリリースされなかった。製品供給面でも大きなトラブルを抱えた。このように見ていると、プロセッサー市場は、大きな曲がり角に差し掛かっているのかもしれない。

 2020年は、ハードウェアメーカーやユーザーがIntelからAMDへ全面的に切り替えるとは予想しがたいが、AMDがある程度の市場を占めることになるだろう。それ以上に大きな変化は、スマートフォンなどで主流のARMプロセッサーがPCの領域に拡大してきていることだ。また、人工知能(AI)の利用領域の拡大によって、クライアント側でもAI機能を高いパフォーマンスで利用できるようなハードウェアが必要になってきている。こうした状況を踏まえた2020年のプロセッサー事情として、最後にARMの動向を読み解く

 長らくスマートフォン向けに利用されていたARMプロセッサーは、現在ではサーバーやクライアントにも利用シーンを拡大している。2016年には、MicrosoftがARM版のWindows 10を表明していた。ARM版のWindows 10は、さまざまなARMベースのプロセッサーで動作するのではなく、Qualcommのプロセッサーのみを対象としている。このため、PCベンダーが発売するARM版のノートPCにバンドルする形で提供されている。

 実際にARM版のWindows 10のノートPCが市場に登場したのは、北米では2017年のLenovoのモデルだが、あまり売れなかったようだ。その後、2018~2019年は細々と幾つかのメーカーから製品が発売されてきた。しかし、その多くはヒットしなかった。

 そこで、満を持して乗り込んだのが、Microsoftだ。SurfaceブランドのノートPC「Surface Pro X」を発売した(北米は2019年12月、日本は2020年1月)。Surfaceブランドである程度売れないと、今後のARM版のWindowsの未来は暗いだろう。

 実際にMicrosoftは、Windows 8をリリースする際に、ARM版のWindows 8(Windows RT 8)を提供した。Surfaceブランドでも「Windows RT」という2in1ノートPCを発売したことがある。x86プロセッサー版のSurfaceに比べて全く売れなかったようで、後継機種としてSurface 2が発売されたが、Windows 10へのアップデートも行えなかった。このため大量の在庫を抱え、同社は2013年に9億ドルもの減損処理を行うこととなった。

 当時のWindows RTは、“Windows”とはいっても、主流のx86プロセッサーのアプリケーションを動かすことができず、ARMプロセッサー用のアプリケーションをリコンパイルする必要があった。また、x86プロセッサーのWindowsに比べて制限も多く、ユーザーにすれば、Windows RTを使うメリットがほとんどなかった。Surface RTの販売価格も高く、1~2万円ほど追加すればx86プロセッサーのSurfaceが購入できたというのも原因の一つだろう。

 しかし、ARM版のWindows 10は、フルスタックのWindows 10がそのままARMプロセッサー版として提供されている。また、既存のx86アプリケーションを動かすために、ARMプロセッサー上でx86エミュレーターが用意されている。これにより、現在利用しているユーザーのアプリケーションの多くがARM版のWindows 10上で動作する(エミュレーションはx86の32ビットアプリケーションだけで、x64の64ビットアプリケーションはエミュレーションできない)。

 Surface Pro Xでは、プロセッサーにMicrosoftとQualcommで共同開発した「Microsoft SQ1」が使われている。Microsoft SQ1は、Qualcommが開発したSnapdragon 8cxをベースに開発したもので、GPUにもQualcommが開発したAdreno 685が使われている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する

  2. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  3. セキュリティ

    APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?

  4. セキュリティ

    クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?

  5. マーケティング

    ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]