編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

NEC、SDN事業を強化--サービス型でも提供開始

渡邉利和

2020-02-04 17:40

NECの尹秀薫氏
NECの尹秀薫氏

 NECは2月3日、SDN(ソフトウェア定義型ネットワーク)に関連する新たな製品とサービスを発表した。同社はSDNの領域に早くから取り組んでおり、オープンソースソフトウェア(OSS)の「OpenFlow」を活用した商用製品を2011年に発売するなどの実績がある。

 これまでの取り組みは、主として企業WAN/LANやデータセンター内ネットワーク向けに提供されていたが、今後は新たに制御技術(OT)との連携やローカル5Gの活用、マルチクラウドとの接続などにも事業領域を拡大していく。

 新製品のSDNコントーラー「Network Operation Engine Overlay Network Extensio」とスイッチ製品「QX-5600/5500/5100」などは、OpenFlowに対応した従来製品「Univerge PF」とは別のラインアップとして、新たにオーバーレイネットワーク方式(VXLAN)によるネットワーク仮想化を中核機能とする。この点でも大きな戦略転換が行われた形となっている。

SDN関連の新製品の概要 SDN関連の新製品の概要
※クリックすると拡大画像が見られます

 また、同社のマネージドネットワークサービス「NEC Smart Connectivity」の新メニューとして「機器サービス」と「運用管理サービス」を追加した。これにより、SDN関連製品を従来のシステム構築型(SI型)に加えて、機器・構築・運用・保守をサービス型でも提供する。機器サービスでは、ルーターやスイッチ、無線LAN機器などをNECの資産としてユーザー企業に月額提供し、24時間体制によるオンサイトでの障害対応が行われる。

 デジタルネットワーク事業部長の尹秀薫氏は、今後SDN事業を250人の専任体制で推進し、今後3年間で累計1000億円の売り上げを目指すとした。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]