編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら

ネットワーク仮想化の2020年の10大予測--IDC

ZDNet Japan Staff

2020-02-26 06:00

 IDC Japanは、SDN(ソフトウェア定義によるネットワーク)やNFV(ネットワーク機能の仮想化)に代表される国内ネットワーク仮想化市場の2020年の予測を発表した。起こり得るとされる主な事象は次の通り。

  1. 国内ネットワーク仮想化/自動化市場は2020年も成長を続けるが、成熟化に向かう姿が鮮明になる
  2. 「結果としてのマルチクラウド」からの脱却に向けて、クラウド内/クラウド間のネットワーク管理の課題がようやく注目されるようになり、マルチクラウドネットワーク仮想化の訴求機会が訪れる
  3. 勢力図が明らかになったデータセンター向けネットワーク仮想化/自動化市場では、もはや競争相手は「必要性の欠如」である
  4. ネットワーク仮想化/自動化ソリューションの適用先として、産業用ネットワークの重要性が高まる
  5. AI(人工知能)/機械学習を活用した企業ネットワークソリューションがバズワードの域を超えて、企業ネットワークに「溶け込むAI」になり得るか真価が問われる
  6. パブリッククラウド中心のネットワークアーキテクチャーの議論が、あらゆる関係者の間でいっそう高まる
  7. 魅力的な最新ネットワーク半導体を搭載したホワイトボックススイッチ製品の拡充が進む
  8. 5G SA(スタンドアロン構成の第5世代移動体通信システム)やMEC(マルチアクセスエッジコンピューティング)の実現に向けて、クラウドネイティブ 5Gインフラの議論がさらに活発化する
  9. SD-WANの導入事例は着実に増加するも、既存市場に地殻変動を起こすまでには至らない
  10. DX(デジタルトランスフォーメーション)の取り組みで、ネットワーク仮想化/自動化によるネットワークの次世代化が取り残されることへの危惧が広がる

 IDCは、国内ネットワーク仮想化および自動化の市場が、SDNのブームを超えて安定した成長市場になり、2020年は成熟市場化に向けて、その姿が明らかになると予想する。一例では、技術的な成熟化とベンダー勢力図の固定化が進んでおり、不可逆的な流れとして2020年もそうした動きが進展するという。

 一方で同市場は、成長の余地が依然として多く残され、市場の成長を再加速させるようなクラウドネイティブ/コンテナー化、マルチクラウド、AI活用によるネットワーク自動運転など、プラットフォームの変化や新たな技術の活用機会も見えているとする。

 同社コミュニケーションズ グループマネージャーの草野賢一氏は、「ネットワーク仮想化/自動化を用いて、DXが求めるスピードや柔軟性を実現するネットワークの次世代化こそが、DXの成功を支える重要な要素であることをベンダーもユーザー企業も改めて認識すべき」と述べている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]