編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

ネットワーク仮想化の2020年の10大予測--IDC

ZDNet Japan Staff

2020-02-26 06:00

 IDC Japanは、SDN(ソフトウェア定義によるネットワーク)やNFV(ネットワーク機能の仮想化)に代表される国内ネットワーク仮想化市場の2020年の予測を発表した。起こり得るとされる主な事象は次の通り。

  1. 国内ネットワーク仮想化/自動化市場は2020年も成長を続けるが、成熟化に向かう姿が鮮明になる
  2. 「結果としてのマルチクラウド」からの脱却に向けて、クラウド内/クラウド間のネットワーク管理の課題がようやく注目されるようになり、マルチクラウドネットワーク仮想化の訴求機会が訪れる
  3. 勢力図が明らかになったデータセンター向けネットワーク仮想化/自動化市場では、もはや競争相手は「必要性の欠如」である
  4. ネットワーク仮想化/自動化ソリューションの適用先として、産業用ネットワークの重要性が高まる
  5. AI(人工知能)/機械学習を活用した企業ネットワークソリューションがバズワードの域を超えて、企業ネットワークに「溶け込むAI」になり得るか真価が問われる
  6. パブリッククラウド中心のネットワークアーキテクチャーの議論が、あらゆる関係者の間でいっそう高まる
  7. 魅力的な最新ネットワーク半導体を搭載したホワイトボックススイッチ製品の拡充が進む
  8. 5G SA(スタンドアロン構成の第5世代移動体通信システム)やMEC(マルチアクセスエッジコンピューティング)の実現に向けて、クラウドネイティブ 5Gインフラの議論がさらに活発化する
  9. SD-WANの導入事例は着実に増加するも、既存市場に地殻変動を起こすまでには至らない
  10. DX(デジタルトランスフォーメーション)の取り組みで、ネットワーク仮想化/自動化によるネットワークの次世代化が取り残されることへの危惧が広がる

 IDCは、国内ネットワーク仮想化および自動化の市場が、SDNのブームを超えて安定した成長市場になり、2020年は成熟市場化に向けて、その姿が明らかになると予想する。一例では、技術的な成熟化とベンダー勢力図の固定化が進んでおり、不可逆的な流れとして2020年もそうした動きが進展するという。

 一方で同市場は、成長の余地が依然として多く残され、市場の成長を再加速させるようなクラウドネイティブ/コンテナー化、マルチクラウド、AI活用によるネットワーク自動運転など、プラットフォームの変化や新たな技術の活用機会も見えているとする。

 同社コミュニケーションズ グループマネージャーの草野賢一氏は、「ネットワーク仮想化/自動化を用いて、DXが求めるスピードや柔軟性を実現するネットワークの次世代化こそが、DXの成功を支える重要な要素であることをベンダーもユーザー企業も改めて認識すべき」と述べている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]