編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら

スタイリストとAIが協働--パーソナルスタイリングサービス「DROBE」が提供開始

大場みのり (編集部)

2020-03-17 07:00

 ファッション関連サービスを展開するドローブは3月13日、女性向けのパーソナルスタイリングサービス「DROBE」の提供を開始した。DROBEは、プロのスタイリストと人工知能(AI)がユーザーの好みや体形、予算に応じた商品をスタイリングし、定期的に届けるもの。提供に当たり同社は、説明会を実施した。

 同社は2019年6月、DROBEのクローズドベータ版を従業員の家族や知人約200人に提供。同年9月のオープンベータ版を経て、今回の正式提供に至ったという。

代表取締役CEOの山敷守氏
代表取締役CEOの山敷守氏

 ドローブが女性のファッションへの関心度を調査したところ、「関心はあるが、個性を発揮するより周囲からすてきだと思われたい」「関心はそれほど高くないが、きちんとしていると思われたい」といった人々が全体の約7割を占めると分かった。同社は、この層を中心にDROBEを提供していくという。

(出典:ドローブ) (出典:ドローブ)
※クリックすると拡大画像が見られます

 サービスの流れは、約70問にわたるアンケートを基に担当スタイリストとAIが商品を選定。提案する商品のデータを事前に送って好みのすり合わせを行い、ユーザーが気になるものだけを発送。ユーザーは同梱されている「スタイリングカルテ」を基に試着し、不明点があった際はスタイリストに質問することができる。そして気に入った商品のみを購入し、不要なものを返送する仕組みとなっている。専用のアプリケーションをダウンロードする必要はなく、DROBEの「LINE」アカウントを登録後、全てのやりとりがLINE上で行われる。

 アンケートでユーザーの好みを調査する際は、「フェミニン」「マスキュリン」といった言葉だと曖昧なため、16パターンのコーディネートを表示し、好みかどうかを「はい」「少し」「いいえ」で選んでもらう。また体型は、ユーザー自身が肩幅やウエストを測るのは手間がかかるので、よく着ているブランドのサイズを記入してもらい、AIが各部位のおおよそのサイズをはじき出す。DROBEが提供している大半のブランドのサイズデータは取り込まれており、ユーザーがそれ以外のブランドのサイズを記入した際は、担当スタイリストがブランドのEコマース(電子商取引)サイトで調べるという。予算に関しては、ユーザーが商品のカテゴリーごとに支払える価格帯を選択することになっている。

(出典:ドローブ) (出典:ドローブ)
※クリックすると拡大画像が見られます

 また商品の購入・返品時にその理由を回答してもらうことで、選定の精度を向上させている。回答フォームには選択制の項目と自由記入欄があり、次回も同じスタイリストを希望するかどうかも選ぶことができる。

 スタイリング料は2900円(税別)で、初回は無料。配送頻度は1、2、3カ月の中から選ぶことができる。DROBEに参画しているブランドは100を超え、取り扱う商品はシーズンによって変動があるものの、10万SKU(アイテムの最小識別単位)以上に上る。

 DROBEの既存ユーザーは、30~40代が約8割を占める。「年齢に合ったファッションを知りたい」「コーディネートのアドバイスが欲しい」「洋服選びの時間や手間を削減したい」など、さまざまな理由で利用しているという。オープンベータ版を提供した6カ月間での累計登録者数は1万人以上で、購買率は80%以上、スタイリングの満足度は5段階評価で4.2以上だとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]