編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

スタイリストとAIが協働--パーソナルスタイリングサービス「DROBE」が提供開始 - (page 2)

大場みのり (編集部)

2020-03-17 07:00

 スタイリストとAIが行う業務のすみ分けは、AIがユーザーのアンケートを基にした商品の推薦、スタイリストが推薦された商品の調整を行う。開発時からAIの活用を見据えていたが、サービス提供当初はスタイリストだけで商品を選定していた。その後、AIの精度が実用可能なレベルに達したと判断し、2020年2月1日にAIを導入。導入して間もない頃は、AIの効果が不透明でスタイリストは利用に消極的だった。だがアルゴリズムの随時アップデートに加え、次第に効果が見えてきたことで、積極的に利用するようになったという。現在は、ユーザーに送る商品の約8割がAIによるレコメンドを経由している。全てのプロセスをスタイリストが担当するのは、ユーザーの好みが途中で変わった場合などがあるとのことだ。AIの導入前は、オペレーションを工夫してもユーザー1人当たりの商品選定に100分以上かかっていたが、直近では60分以下になったとしている。

説明会では、DROBEのスタイリストを務めるReika氏も登壇。自身が選定したアイテムを紹介した。スタイリストには、販売員やデザイナー、学校講師など、さまざまな経歴を持つ人々が所属している。スタイリスト数は30人で、通過率は5%以下だという。
説明会では、DROBEのスタイリストを務めるReika氏も登壇。自身が選定したアイテムを紹介した。スタイリストには、販売員やデザイナー、学校講師など、さまざまな経歴を持つ人々が所属している。スタイリスト数は30人で、通過率は5%以下だという。

 DROBEのビジネスモデルは、取引先から商品を入荷後、自社の倉庫を通してユーザーに発送。ユーザーから返品された商品のうち需要がありそうなものは再販し、それ以外は10日程度で取引先に返送する。そして商品代金のうち、一定の割合が同社に支払われる仕組みとなっている。

 DROBEは、取引先であるアパレルブランド側にもメリットがあるとしている。ユーザーの購入・返品理由は担当スタイリストを通してブランド側に伝えられるため、フィードバックを今後の商品開発に生かすことができる。またこれまで接点のなかったユーザーにも自社の商品を提案してもらうことで、認知や販路の拡大が期待される。

 三越伊勢丹は同社に出資し、DROBEの事業において協業している。三越伊勢丹は自社の従業員をスタイリストとして派遣したり、取引のあるブランドと交渉したりしているという。

 ドローブは2020年度の目標として「AIの強化」を掲げている。商品やユーザーを基に継続的な学習を進めるほか、特徴量(分析対象の特徴を定量的に表したもの)を増やすことや、既存ユーザーに向けて本来の好みとは少し異なる「外し」の商品を提案することを考えているという。2020年度の目標ユーザー数は、10万人以上。そして2021年度以降は、メンズなどのユーザーセグメント拡大に加え、DROBEの運用で得た知見を生かしてアパレルブランドの商品価格や生産数量を最適化したり、特定のブランド専用のスタイリングサービスを提案したりすることを検討しているとのことだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]