編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

GitHub、チーム向けの無償プラン--プライベートリポジトリーへのアクセス人数を無制限に

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-04-15 11:59

 GitHubは米国時間4月14日、プライベートな開発のためにコードリポジトリーを使用したいという組織の開発者に向けて、新たな無償プラン「Free」を追加したと発表した。「GitHub」のコア機能すべてにアクセスできる。また、プライベートリポジトリーにアクセスできるコラボレーターの数に制限はない。

 この無償プランによって、チームに対して継続的インテグレーション(CI)/継続的デリバリー(CD)やプロジェクト管理、コードレビュー、パッケージなどの場が与えられる。なお、SAML(Security Assertion Markup Language)をはじめとする、より高度な機能については、有償プランで提供される。

 GitHubは以前から、プライベートな開発のための無償プランを提供しているが、プライベートリポジトリーにアクセスできるコラボレーターの数を3人までに制限していた。その機能を利用するには、有償プランのいずれかに登録している必要もあった。

 またGitHubは、「Team」プランを1人当たり月額9ドルから4ドルに引き下げた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]