編集部からのお知らせ
EDRの記事まとめダウンロードはこちら
電子契約の記事まとめDLはこちら

イオンアイビス、小売事業の経営管理基盤システムに「SAP HANA」活用

NO BUDGET

2020-04-16 14:51

 イオングループのIT機能会社であるイオンアイビスは、グループの国内小売事業が活用する経営管理基盤システムの一部をインメモリー型データベース基盤「SAP HANA」で刷新した。SAPジャパンが発表した。SAPジャパンが発表した。

 イオンアイビスは2017年にSAP HANAの運用を開始し、2018年には対象データの増加に伴い拡張している。現在では、全国約4000店舗から1時間ごとに売上情報が収集され、蓄積された350億件のデータから必要な情報を数秒で検索することが可能だという。

 同社はインメモリー型データベースやクラウドプラットフォームなどを活用することで、ユーザーニーズの変化に迅速かつ柔軟に対応できるようになったとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    IT部門責任者が理解すべき「コンテナとKubernetes」の基礎を網羅

  2. コミュニケーション

    Zoomなどオンライン商談による「ちょっとだけ打ち合わせ」の威力とは?新しい売り方の教科書が登場!

  3. クラウドコンピューティング

    データ活用のためのハイブリッドクラウド基盤構築-データプラットフォームに求められる12の要件

  4. 経営

    脱パスワード 不便と不安を取り除くSSO-メリットと導入方法、ADやM365との連携を解説

  5. コミュニケーション

    事例:9割の業務の段取りを効率化、個人スキル依存から脱却したDFE社のタスク管理改善術

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]