編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

「Oracle Cloud」に第2世代EPYCベースの「E3」インスタンスが追加

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-04-30 13:55

 Oracleは米国時間4月29日、「Oracle Cloud Infrastructure(OCI) Compute E3」プラットフォームの提供を開始したと発表した。同プラットフォームは、AMDの第2世代「AMD EPYC」プロセッサーを使用したベアメタルインスタンスおよび標準インスタンスの新たなファミリーだ。AMD製プロセッサーによって実現されるコア数の多さと、メモリー帯域幅の大きさを特徴とするこれらの新たなインスタンスは、汎用ワークロードと広帯域幅のワークロードの双方に適したものとなっている。

 同プラットフォームのベアメタルコンピュートインスタンスは128基のOCPU(128コア、256スレッド)と2TBのRAM、100Gbpsの総帯域幅をサポートしている。Oracleによると、このコア数はどのパブリッククラウドのベアメタルインスタンスよりも多いという。

 OCIでは2018年10月に初めて、EPYCプロセッサーを使用したコンピュートインスタンスが提供されたことで、複数のエンタープライズ顧客と、Oracle CloudのアプリケーションがAMD製プロセッサー上で汎用ワークロードを実行するようになった。「Oracle E-Business Suite(EBS)」や「Oracle JD Edwards」「PeopleSoft」といったOracleのアプリケーションはいずれも、EPYCベースのコンピュートインスタンス上でサポートされている。

 Oracleは、クラウドインフラの拡張によって新規顧客の獲得に成功してきているが、自社のスタックを見据えたクラウドの最適化によって既存のSaaS顧客にアピールすることもできる。

 新たなE3インスタンスは「AMD EPYC 7742」プロセッサーがベースになっている。Oracleは顧客の声に耳を傾け、この第2世代プロセッサーを採用することで「E2」インスタンスを大きく上回る性能を実現した。またE3インスタンスでは、最大64基のOCPUと1TBのメモリーを搭載した、よりコア数の多い仮想マシン(VM)が提供される。さらに、この新インスタンスは、現在のE2インスタンスに比べると2倍となる、1OCPU当たり16GBのメモリーを搭載している。

 またOracleは、従来のようにコア数を1/2/4/8/16の中から選ぶ形式ではなく、顧客がVMに必要とするOCPUの数をそのまま指定できるようにしている。

 これら新インスタンスの利用料金は、4月からOracle Cloud Infrastructureの全てのコンピュートインスタンスに適用されるようになった、1秒当たりの課金モデルで算出される。最低課金対象時間はVMインスタンスの場合は1分、ベアメタルインスタンスの場合は1時間となっている。

 E3インスタンスは現在、US East(アッシュバーン)とUS West(フェニックス)、Germany Central(フランクフルト)、Japan East(東京)で利用可能となっている。また、同社は3カ月以内にE3プラットフォームを世界中の商用リージョンで利用可能にする計画だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]