編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

インテルキャピタル、AI関連などのスタートアップ11社に約140億円投資

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2020-05-13 17:16

 Intel Capitalは、人工知能(AI)、機械学習、自律コンピューティングなどを専門とする11社のITスタートアップに1億3200万ドル(約140億円)を出資することを明らかにした。

 Intelの投資部門である同社は、2020年中にテクノロジー企業に対して3~5億ドル(約320~550億円)の投資を行う予定だ。同社はAI、インテリジェントエッジ、アナリティクス、ネットワーキングなどの分野のスタートアップを中心に投資するとしている。

 Intelは今回、AnodotAstera LabsAxonneHypersonixKFBIOLiltMemVergeProPlus ElectronicsRetraceSpectrum MaterialsXsight Labsをポートフォリオに加えた。

 今回のAI関連の投資先には、次のような企業が含まれている。

  • 機械学習による自律的なビジネスモニタリングを専門とするAnodot。Anodotは、アプリのパフォーマンスや顧客のインシデント、成功率の低下などのコストに影響を与える指標を監視して、インシデントを検出する製品を提供している。
  • 小売業、レストラン、ホスピタリティ業界、eコマース向けの、AIを使用した自律的アナリティクスプラットフォームを開発しているHypersonix。
  • ビッグデータ、クラウド、AIを使用して医療画像の処理を行う、従来の顕微鏡を向上させる優れた病理診断用デジタルスライドスキャナーを開発しているバイオテクノロジー企業KFBIO。
  • あらゆるアプリをメモリー上で実行し、大量のデータ処理を伴うワークロードのパフォーマンスを改善するソフトウェアを開発しているMemVerge。
  • クラウドベースのデータ集約型ワークロード向けのチップセットデザインを提供しているXsight Labs。

 Intel Capitalは2019年に36件の新規投資と35件の追加投資に4億6600万ドル(480億円)を投じ、22社をイグジットさせた。同社は1991年の設立以来、1582社に129億ドル(1兆4000億円)の投資を行っている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]