編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

マイクロソフト、「Windows 10」で32ビットシステムのサポートを段階的に終了へ動き

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-05-14 12:40

 Microsoftは「Windows 10 May 2020 Update」(「Windows 10 2004」)から、同製品がサポートする最小システム要件に変更を加えるという。この変更は既存のPCに対してではなく、OEM販売される新製品にのみ適用されるようだ。

 Microsoftのドキュメント(@TeroAlhonenがリンクを見つけてくれた)を読む限り、「Windows 10」の32ビット版メディアが提供されなくなるという話ではなさそうだ。同社は現在のところ、小売店でWindows 10の32ビット版を購入できるようにし続けており、既存の32ビット版「Windows」に対するアップデートも継続している。このため、32ビットCPUを搭載したPCを所有している人であれば、そのデバイスが使用可能である限り何の問題もないはずだ。

 同社のドキュメントには以下のように記されている。

 「Windows 10 2004以降、すべての新規Windows 10システムは64ビット版ビルドを使用することが要求され、MicrosoftはOEMディストリビューション用の32ビット版ビルドのリリースを終了する。しかし、このことはWindows 10の32ビット版を搭載して製造された顧客システムには影響を及ぼさない。Microsoftは、さまざまなアップグレードに向けたシナリオをサポートするために、非OEMチャンネルを通じた32ビット版メディアの提供継続を含め、これらのデバイスに対する機能アップデートとセキュリティアップデートの提供にコミットし続ける」

 これは、Windows 10を64ビット版のみをサポートする製品に徐々に変えていくという長期的なプロセスの第1段階と言えそうだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]