編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

NVIDIAの第1四半期決算、データセンター事業の売上高が10億ドル超

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-05-22 12:25

 NVIDIAは米国時間5月21日、2021会計年度第1四半期(4月26日締め)の業績を発表した。データセンター事業の四半期売上高が初めて10億ドルを上回った。バーティカルインダストリーとハイパースケール関連の需要がけん引した。

NVIDIA

 第1四半期は非GAAPベースの1株当たり利益が1.80ドルで、売上高は前年同期比39%増の30億8000万ドルだった。

 アナリストは1株当たり利益を1.68ドル、売上高を29億8000万ドルと予想していた。

 最高経営責任者(CEO)のJensen Huang氏は声明で、「素晴らしい業績を達成できた。Mellanoxの買収が、クラウドとデータセンター分野の機会を拡大した。当社は次世代GPUアーキテクチャー『NVIDIA Ampere』の発表と出荷により、人工知能(AI)コンピューティングの水準を引き上げた。またデジタルで実施したGTCカンファレンスには、過去最多の開発者が集まり、NVIDIAのGPUコンピューティングの導入が加速していることが浮き彫りになった」と述べた。

 「NVIDIAは、クラウドコンピューティングとAIという現代の最も強力なテクノロジーを前進させる上で、優位な立場にある」(同氏)

 グラフィックス分野の売上高は、前年同期比25%増の19億1000万ドルだった。

 コンピューティング&ネットワーキング分野の売上高は、前年同期比69%増の11億7000万ドルだった。

 マーケットプラットフォームで見ると、ゲーミングの売上高は前年同期比27%増の13億4000万ドルとなった。

 データセンターの売上高は、前年同期比80%増、前期比18%増の11億4000万ドルだった。

NVIDIA

 プロフェッショナルビジュアライゼーションの売上高は、前年同期比15%増の3億700万ドルだった。ノートPCとデスクトップワークステーションが堅調だった。

 オートモーティブの売上高は、主として旧式インフォテインメントの売上高低迷を反映し、前年同期比7%減の1億5500万ドルとなった。

 OEMとその他の売上高は、前年同期比39%増の1億3800万ドルだった。

 NVIDIAは第1四半期に、9800万ドルの配当金を支払った。

 同社は第2四半期について、売上高は36億5000万ドルでプラスマイナス2%になる見通しとしている。またMellanoxの売上高が総売上高で占める割合は、12%前後になると予測している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]