編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

マイクロソフト、「Windows Codecs Library」の脆弱性に対処--定例外パッチリリース

Catalin Cimpanu (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-07-02 12:08

 Microsoftは米国時間6月30日、「Microsoft Windows Codecs Library」に存在する2件の脆弱性に対処する緊急パッチ2つを臨時リリースした。

Microsoft
 

 これら脆弱性は「Windows 10」と「Windows Server」に影響を及ぼすものであり、「CVE-2020-1425」と「CVE-2020-1457」という共通脆弱性識別子が割り当てられている。

 Microsoftのセキュリティアドバイザリーによると、これら2つの脆弱性は、特定の仕掛けを施した画像ファイルを用いることで悪用が可能だという。

 この脆弱性が悪用された場合、Windows Codecs Libraryを利用してマルチメディアコンテンツを処理するアプリなどが不正な形式の画像ファイルをオープンしようとした際に、不正なコードの実行を許してしまう可能性がある。その結果、攻撃者が「Windows」上で悪意あるコードを実行できるようになり、デバイスの乗っ取りにつながる可能性もある。

 遠隔地からのコード実行(RCE)の危険性があると判断された、これら2つの脆弱性は同日にパッチがリリースされた。

 これらのパッチは、「Windows Update」経由ではなく、「Microsoft Store」を通じてWindows Codecs Libraryのアップデートとして顧客のシステムに配備されるようになっている。

 同社によると「このアップデートを入手する上で、顧客が何らかのアクションをとる必要はない」という。

 Microsoftは、同日のパッチ配布時点で悪用は確認されていないと述べた。

 同社は、トレンドマイクロの「Zero Day Initiative」(ZDI)からの報告でこれらの脆弱性を認識した。このプログラムは、セキュリティーリサーチャーと大企業との間のコミュニケーションの促進を目的としている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]