編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

Chromium版「Edge」の自動配信を拡大--教育&ビジネス分野のユーザーも対象に

Mary Jo Foley (ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2020-07-02 13:14

 Microsoftは、Windows Updateを利用してChromiumベースの新しい「Edge」ブラウザーの配信対象を拡大しようとしている。6月に一部のWindows 10ユーザー向けにWindows Updateを通じて新版Edgeの配信を開始している。米国時間7月30日以降の数週間以内には、Windows Updateを通じて一部の教育およびビジネスユーザーに新版Edgeの配信を始める見込みだ。

Microsoft Edge
提供:Microsoft

 Microsoftは、どの教育およびビジネス用PCに新しいEdgeブラウザーを自動配信するかについて、6月30日付けのブログで以下のように説明している。

 「2020年7月30日以降、教育およびビジネスに利用されているWindows 10デバイスについては、Windows Update経由でMicrosoft Edge Legacy(旧版のEdge)を新しいMicrosoft Edgeブラウザーにアップデートする。今回のアップデートは、『Windows Update for Business』(WUfB)または『Windows Server Update Services』(WSUS)によってアップデートされる教育およびビジネス分野のデバイスには影響しない。アップデートは、新学期に間に合うようにまず教育用デバイスを対象とする。ビジネス向けの予定については後日お知らせする」

 幼稚園から高校までの教育機関のユーザーは、教育用に設定するためにさらにいくつかのステップを踏む必要があるが、それ以外は、新しいEdgeを入手するのにユーザー側で「操作は一切不要」だ。

 Windows 10ユーザーは1月以降、新しいEdgeブラウザーを手作業でダウンロードできるようになっていた。だが、MicrosoftがWindows Updateを通じて自動配信し始めたのは、ここ数週間ほどのことだ。

 Microsoftは、新版Edgeの使用を希望しない企業や導入の準備が整っていない企業のために、「Blocker Toolkit」を提供している。Chromium版EdgeはOSとは別にダウンロードして導入できるアプリなので、インストール後に気に入らなければ、Windowsの「設定」から「アプリ」の順に選択していけば、Edgeをアンインストールできる。

 ただし、Chromium版Edgeへのアップデートに(手動でのダウンロードではなく)Windows Updateを利用するとアンインストールできなくなることが分かった。知らせてくれたThurrott.comのPaul Thurrot氏に感謝する。

 Microsoftが6月30日付けのブログ投稿で述べているように、新版Edgeをインストールしても「Internet Explorer 11」はデバイスに残ったままだ。また、新版Edgeでは「以前に選択された既定のブラウザーを尊重する」という。

 Microsoftによると、新版Edgeは「Windows 10 20H2」の一般提供が始まるとともに、自動でインストールされるようになるという。Windows 10 20H2は2020年内のリリースが予定されている。

 新版Edge関係の他のニュースとして、Microsoftが以前発表した新版Edge向けの「Password Monitor」が、「Canary」チャネルと「Dev」チャネルの「Windows Insider」テスター向けにリリースされた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]