編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

IBM、RPAベンダーのWDG Automationを買収へ

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: Crowd Power Partners

2020-07-09 13:59

 IBMは米国時間7月8日、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)を専門とするブラジルのソフトウェアプロバイダー、WDG Automationを買収すると発表した。

 2020年第3四半期に買収を完了する予定としており、諸条件については明らかにしていない。

 IBMは、WDG Automation(正式名称WDG Soluções Em Sistemas E Automação De Processos LTDA)の獲得で、IBMのポートフォリオ全体へのRPAの組み込みが可能になると説明している。IBM Servicesは、顧客のデジタル変革の取り組みやアナリティクス、人工知能(AI)などの分野でWDG Automationを活用していく。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的流行により、自動化の必要性が高まる中、IBMがArvind Krishna氏の最高経営責任者(CEO)就任後すみやかにRPAベンダーを買収するとの予測も出るなど、RPA分野での動きは注目されていた。Krishna氏自身も、あらゆる企業がAIを中心に展開していくことになると予測していた。RPAベンダー大手といえばBlue PrismAutomation AnywherePegasystemsなどだが、ソフトウェア業界最大手は各社とも、より小さな会社の買収を開始している。例えば、Microsoftは5月にSoftomotiveを買収SAPは2018年にContextor SASを、Appianは2020年6月にNovayre Solutions SLを買収している。

 WDG Automationのポートフォリオには、RPA、自動化、自動音声応答(IVR)、チャットボット、およびIT部門の人的サポートを必要としない自動化技術などが含まれており、IBMは、この買収により現在の自動化機能の一層の強化が期待されると説明している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析

  2. ビジネスアプリケーション

    ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント

  3. セキュリティ

    2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか

  4. OS

    “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る

  5. 運用管理

    7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]