編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

マイクロソフト、スクリプト言語「PHP 8.0」以降の正式サポートを中止

Liam Tung (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-07-14 12:49

 Microsoftは米国時間7月9日、スクリプト言語「PHP」のWindows向けビルドをバージョン8.0以降提供しないことを明らかにした。

 同社エンジニアのDale Hirt氏によると、PHP 7.2/7.3/7.4で提供しているサポートを、PHP 8.0から中止する。

 同氏は投稿で、「バージョン7.2/7.3/7.4が正式にサポートされている限り、当社はWindows上でPHPの開発と構築を続けることに尽力する。しかし、バージョン8.0以降はWindows向けPHPのサポートを一切行わない」と述べている

 PHP 7.2の正式サポートは11月に終了し、PHP 7.3は11月からセキュリティ修正のみの提供となっている。PHP 7.4は後1年にわたってバグの修正を行い、さらに1年間はセキュリティ修正を提供する。PHP 8.0の開発は現在進行中である。

 PHPのコア開発者であるSara Golemon氏は、MicrosoftによるPHP 8のサポート中止は、Windows環境がPHP 8に対応しなくなるわけではないと指摘している。

 「この投稿は、Microsoftが今後PHP 8の正式ビルドを提供しないという意味だ。他の有志が行わないという意味ではない」と、Sara Golemon氏はRedditに投稿している

 PHP開発者の一部はMicrosoftのこうした動きを、同社が「Windows Subsystem for Linux2」(WSL2)の使用を推奨しているのだと受け止めている

 MicrosoftによるPHPビルドのサポート中止は、「Microsoft Azure」での変更を考えると理にかなっているかもしれない。Hacker Newsのある読者が指摘するように、Microsoftが当初「Azure App Service」で管理していたPHPビルドは、Windows環境でしか動作しなかった。しかし、Azure App ServiceがLinux対応となった今、(Windows環境での)PHPの必要性は減少した。

 PHPはいまだに開発者の間で人気の高いプログラミング言語である。GitHubの年次報告書「Octoverse」では、2015年から「JavaScript」「Python」「Java」に次いで、4位にランクインしている。また、TIOBEによる長期的な人気プログラミング言語の動向では、2005年の5位から現在の7位の間を推移している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]