OutlookからMicrosoft Formsの利用が容易に--「Microsoft 365」更新動向【2007版】

阿久津良和

2020-08-04 06:30

 Microsoftが米国時間7月30日に更新した、Microsoft 365各プラットフォームに対する変更内容をまとめる。リリースノートによれば、バージョン2007(ビルド 13029.20308)へ更新したWindowsデスクトップ版は、Word、Excel、PowerPointに秘密度ラベルの推奨もしくは自動適用機能を追加した。ドキュメントの内容が機密コンテンツに類するかアプリケーションが検出し、秘密度ラベルを付与する。

 また、WordはSVG形式の地図やチャートなどを扱う際、テキスト情報を保持するようになった。具体的にはタグの属性サポートを強化している。Excelは外部データソースとしてPDFファイルをサポートした。Power QueryエディターがPDF形式をサポートすることで、データをインポート、更新できる。

 データ周りではPower BIのデータセットからピボットテーブルの作成にも対応。同機能は5月にMicrosoftが開催した「Microsoft Business Applications Summit 2020」で発表していた。利用するにはOffice 365 E5/A5もしくはMicrosoft 365 E5/A5のライセンスが必要となる。

 また、Excelはワークシートを共同編集中、他のユーザーが行った操作で表示内容が変化することを抑制するシートビューという機能が加わった。たとえば編集中に必要な情報だけを表示している際、他のユーザーが並べ替えなどを行うと表示が乱れてしまったが、シートビューを作成することで問題を回避できる。

 シートビューの設定情報はファイルに保存するため、Excel 2007以前のバージョンで編集すると情報が破棄されるので注意してほしい。なお、PowerPointはバージョン2006と同じく、Microsoft Streamの再生パフォーマンスをさらに改善している。

 Outlookにはアンケートや投票を行う機能が新たに加わった。新規メール作成時に投票ウィンドウを有効にして、質問内容と複数の選択肢を用意することで、メール受信者はメールもしくはウェブ(Microsoft Forms)経由で投票が可能になる。なお、Outlookには、複数の相手とスケジュールを調整する「FindTime」という機能も提供しているが、同機能の実装に伴い廃止される可能性もある。

Formsを利用したOutlookの投票機能 Formsを利用したOutlookの投票機能
※クリックすると拡大画像が見られます

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]