編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

マイクロソフト、生産性機能「Project Moca」プレビューをウェブ版「Outlook」に

Mary Jo Foley (ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2020-09-03 13:32

 Microsoftの「Outlook」向け生産性機能「Project Moca」に関する画像や動画、情報が2020年2月に流出し始めた。Microsoftは8月の終わり頃、まず一部の「Outlook on the web」ユーザー向けにProject Mocaのプレビュー版の提供を開始したことをブログ記事で正式に認めた。

Project Moca
提供:Microsoft

 これまでのリーク情報で、Project Mocaは「Outlook Spaces」と呼ばれていた。筆者はこの数カ月、Outlookでプレビュー版のSpacesを利用したことがあるという数人(全員ではないが多くは「Office Insider」のテスターのようだ)から情報を得ていた(筆者の環境で表示されたことはなかった)。Microsoftは数カ月、SpacesやMocaについて繰り返しコメントを控えていた。

 Microsoftは米国時間8月28日、Tech Communityのブログ記事で、ユーザーがProject Mocaを使ってどのように「コンテンツを自分なりに整理する」ことができるかを説明している。Mocaは、ユーザーがToDoリストや文書、「Sticky Notes」、連絡先、メール、イベントを配置する中心的ハブのような機能を果たす。各スペースには、柔軟性の高いキャンバスがあり、カスタマイズしてコンテンツを好きなように表示できる。Project Mocaの「Notes」はSticky Notesとして保存される。

 ユーザーは、新しいスペースをゼロから作成したり、Microsoftが提供するテンプレートを利用したりできる。スペース内では、「Bucket」をクリックしてコンテンツ整理用の「ドロワー」を作成し、そこにコンテンツを追加できる。

 筆者は、MocaからChromiumベースの「Microsoft Edge」の新しい「Collections」をさまざまな点で思い出した。またMicrosoftは、ナレッジマネジメントサービス「Project Cortex」を導入しようとしている。

 筆者は、Project Mocaのリリーススケジュールの計画や公式の名称、詳細についてMicrosoftに問い合わせたが、現時点で回答はない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]