編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

レノボ、環境を問わずエッジコンピューティングの設置を可能に--シュナイダーエレクトリックと協業

NO BUDGET

2020-09-16 16:01

 レノボは、シュナイダーエレクトリックと協業し、データセンターやサーバールームに頼らないエッジコンピューティングインフラの設置を可能とするソリューションの提供を開始する。

 このソリューションは、レノボのIoT/エッジコンピューティング向けラックサーバー「Lenovo ThinkSystem SE350」とシュナイダーエレクトリックの「APC NetShelter WX 6U薄型壁取り付けエンクロージャ」「APC Smart-UPSリチウムイオン」で構成されている。

 通常の1Uラックサーバーの半分の大きさに収めることで、店舗などの限られた空間での設置や壁掛け設置も可能。長寿命のバッテリーが特徴のAPC Smart-UPSリチウムイオンと合わせて設置することで高可用性を維持する。

 IT専用スペースのないオフィス内や店舗、倉庫などの環境での使用を想定した動作検証は済んでおり、リファレンスアーキテクチャーも提供されるため、ユーザーは迅速なエッジコンピューティングの導入が可能となる。

 生成された大量のデータを素早くセキュアに処理するため、データの生成場所に近いところでデータ処理をするエッジコンピューティングの導入が進んでいるが、新たにエッジコンピューティング向けの機器を設置するための場所の確保や環境の整備がネックとなり、導入に踏み切れないケースも少なくない。また、IoTデバイスセンサーが生成するデータ増による通信料の爆発的増加やレイテンシーの最小化など新たな課題も生まれている。

 Lenovo ThinkSystem SE350は、需要が高まるIoT/エッジコンピューティング向けに高性能なサーバーグレードを保ちつつ、高防塵性と高耐熱性を兼ね備え、多様な環境での設置を想定して設計されている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]