編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

マイクロソフト、「.NET 5.0」を正式リリース--.NETの統合に向けた大きな一歩

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-11-11 13:23

 Microsoftは米国時間11月10日、「.NET 5.0」を正式リリースした。開発プラットフォームである.NETの、最新のメジャーバージョンだ。.NET 5は、OS、ウェブ、フォームファクターなどによって別々に展開されてきたさまざまな種類の.NETを統合するという、Microsoftが掲げた目標に向けた重要な一歩だと言える。.NET 5の一般提供が公式に発表されたのは、オンラインで開催されたイベント「.NET Conf 2020」の1日目だった。

Microsoft
提供:Microsoft

 同社は、同日投稿されたブログ記事で、「.NET 5.0では統合のビジョンを全て実現するつもりだったが、世界的な新型コロナウイルス感染症のまん延を受けて、顧客のニーズの変化に合わせる必要があった」と述べている。

 発表によれば、現時点では、.NET 5.0のソフトウェア開発キット(SDK)にARM64版WindowsのWindows Desktopコンポーネント(「Windows Forms」と「WPF」)は含まれていない。Microsoftは、将来のサービスアップデートでARM64版Windows用のWindowsデスクトップパックを追加するという。現時点では、ARM64版WindowsのSDKはコンソールとASP.NET Coreアプリケーションに対応している。

 残念ながら「Xamarin」の開発者は、.NET 6.0が2021年にリリースされるまで、統合された.NETプラットフォームを最大限に生かすことはできない。Xamarin.Formsの発展形であり、1つのプロジェクトとコードベースで、モバイルとデスクトップの両方に展開できるようにすることを目的としたマルチプラットフォームネイティブUIである「.NET MAUI」は、2020年中に公開予定の.NET 6のプレビュー版に入る予定になっている。

 Windowsチームは、独自の統合プロジェクトである「Project Reunion」に取り組んでいるが、この日の発表で、.NETチームが.NET5.0以降が「WinUI」および「WebView2」でも利用できるようにProject Reunionのチームと連携を取っていることも明らかにされた。.NETチームは、この作業の一環として、WinRTのAPIを.NET 5の一部としてサポートする新しいモデルに移行したという。それに伴って、.NET 5の.NETランタイムから、従来のWinRT互換システムが削除された。これは、.NET Core 3.XでWinRTを使用しているアプリはそのままでは動作せず、リビルドが必要になることを意味している。

 .NET 5.0は既にダウンロードできるようになっている

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]