NEC、ローカル5Gサービスを開始

ZDNET Japan Staff

2020-11-26 13:25

 NECは11月26日、企業や自治体、組織向けにローカル5G(第5世代移動体通信システム)サービスを開始した。機器提供を含む運用保守までを行う「マネージドサービス」の利用料は月額100万円から。

 ローカル5Gは、NTTドコモやKDDI、ソフトバンク、楽天モバイルが提供する全国エリアのサービスとは異なり、企業や自治体、組織が建物や敷地内などに限定して利用する通信サービス。超高速大容量、超低遅延、多数同時接続などの5Gの特徴を生かし、例えば、工場内の多数の設備や機器から大量のデータを瞬時に蓄積、分析して生産性を改善したり、これらを遠隔制御して省人化を図ったりするなどの用途が期待されている。

 NECのサービスでは、「マネージドサービス」のほかに、企画、要件定義、電波測定、端末検証、実証実験を行う「コンサルティングサービス」(個別見積もり)と、無線局免許の取得支援、ネットワークに関する現地調査、設計、検証、構築を行う「インテグレーションサービス」(同)も提供する。4.7GHz帯域(Sub6)の5G専用基地局(スタンドアロン型)にも対応するという。

 同社は関連ビジネスで2025年までに2000億円の売り上げを見込んでいる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    2023年OTサイバーセキュリティの現状レポート--75%の組織が過去1年間に1回以上の侵入を経験

  2. セキュリティ

    サイバーセキュリティ強化に向けてマイクロソフトが示す実践的な指針を紹介

  3. セキュリティ

    5分でわかる「AWS WAF」--基礎知識から運用で陥りやすい3つの落とし穴までを徹底解説

  4. セキュリティ

    最前線で活躍するトップランナーと本気で考える、これからのサイバーセキュリティ

  5. 経営

    ガートナーが指南、迅速な意思決定を促す「AI」活用を実践する3つの主要ステップ

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]