編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

大和ハウス、「SmartDB」で人事部門の申請業務をデジタル化--部門担当者が開発

藤代格 (編集部)

2020-12-10 07:15

 住宅業を営む大和ハウス工業(大阪市北区、単体従業員数1万6904人)は、2020年10月からビジネスプロセス管理(BPM)型ウェブデータベース「SmartDB」を採用。

 「入力フォーム作成」「ワークフロー」「ウェブデータベース」などの機能をノーコード/ローコードで活用できるため、人事部門自らで申請業務をデジタル化。ペーパーレス化と業務効率向上、高付加価値な業務への集中を目指すという。12月9日、サービスを提供するドリーム・アーツ(渋谷区)が発表した。

ノーコード/ローコードでの業務デジタル化イメージ(出典:ドリーム・アーツ)
ノーコード/ローコードでの業務デジタル化イメージ(出典:ドリーム・アーツ)

 SmartDBは、2019年10月に名称とブランドロゴを「ひびきSm@rtDB」から変更したサービス。

 「Microsoft Azure」を基盤に保守、運用業務をドリーム・アーツが担当する「DreamArtsクラウドサービス(DCS)」で提供。少ないITリソースを注力領域に集中できるとしている。

 税別月額利用料は、「Basic」が30万円、「Professional」が60万円。いずれも300ユーザー分を含むと説明している

プラン概要(出典:ドリーム・アーツ)
プラン概要(出典:ドリーム・アーツ)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]