編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

エクスペリエンス管理のQualtrics、IPO初日は52%高

Tiernan Ray (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-01-29 11:48

 Qualtricsは米国時間1月28日、Morgan StanleyとJP Morganが主導する新規株式公開(IPO)で、取引初日に株価が約52%上昇した。

Qualtrics

 NASDAQでティッカーシンボル「XM」の下で取引され、取引開始後すぐにIPO価格の30ドルから41.85ドルへと跳ね上がり、終値は45.50ドルとなった。

 SAPは今後も、Qualtrics株の大部分を保有する考えだ。

 Qualtricsは2020年12月28日に、IPO申請書類を提出した。同社はエクスペリエンスマネジメント(XM)ソフトウェアを開発しており、同社のティッカーもそれに由来している。

 同社は、エクスペリエンスマネジメントソフトウェアは、まだ新しいカテゴリーであり、「組織が現在のエクスペリエンスエンスエコノミーで成功できるよう支援する」と述べている。

 「当社のXMプラットフォームは、顧客を熱狂的なファンに、従業員をアンバサダーに、製品を情熱の対象に、ブランドを信仰の対象に変えるようなエクスペリエンスを企業が設計し、改善することを支援する」(同社)

 Qualtricsは同社が提供するソフトについて、「The System of Action」だとしている。

 QualtricsのXMプラットフォームは、「CustomerXM」「EmployeeXM」「ProductXM」「BrandXM」で構成されている。

 SAPは2020年7月に、Qualtricsの買収は大成功だったとの考えを示していた。

 ユタ州プロボに拠点を置くQualtricsは2002年に設立された。2018年に上場を予定していたが、直前にSAPが現金80億ドルで買収すると発表した。

 QualtricsのIPO目論見書によれば、SAPは発行済み普通株式の84.1%を保有し、議決権の98.1%を維持するという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]