編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
企業買収

SAP、エクスペリエンス管理プラットフォームのクアルトリクスを買収へ--約9100億円

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-11-12 14:57

 独SAPは米国時間11月11日、エクスペリエンスマネジメントと業務データの融合に取り組むなか、Qualtrics Internationalを現金80億ドル(約9100億円)で買収することで合意したと発表した

 SAPは今回の買収で、調査プラットフォームを有し、顧客と従業員の双方のエクスペリエンスに注力している企業を手に入れることになる。Qualtricsの製品スイートは、顧客の分析からリテンションまで、さらには従業員のエンゲージメントから退職者面接に至るまでのさまざまなものを扱っている。Qualtricsのデータは、エクスペリエンスを定量化したうえでダッシュボード上に集積されるようになっている。

Qualtrics
Qualtrics

 SAPにとってのメリットは比較的分かりやすい。SAPは業務データを有しており、人的資源(HR)や顧客関係管理(CRM)、企業資源計画(ERP)といった他の分野も手がけているため、エクスペリエンスデータを手に入れることで経験経済(エクスペリエンスエコノミー)を推進できる。

 SAPの最高経営責任者(CEO)Bill McDermott氏は声明で、同社は世界のトランザクションの77%に関わっていると述べた。QualtricsのエクスペリエンスデータはSAPのデータに広がりを持たせることになる。SAPの最終的な目標は、さまざまな業界やシナリオに適した独自のアルゴリズムを作成するための、データの十分なタッチポイントを得るというものだ。

 QualtricsのCEOであるRyan Smith氏は、引き続き同社を率いていく。同氏は、SAPの力によってエクスペリエンスマネジメントという分野と「Qualtrics Experience Management(XM)Platform」が拡充されていくと述べた

 新規株式公開(IPO)を計画していたQualtricsは、IPO申請書類の中で、エクスペリエンスマネジメント機能は、組織の全員が利用できるようになっている必要があると述べていた。

Qualtrics
Qualtrics

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]