MS、クラウドに最適化された「Windows 10」デバイスの推奨設定を公開

Mary Jo Foley (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2021-02-03 11:48

 Microsoftは、クラウドファーストで「Windows 10」デバイスをセットアップしたいIT担当者向けに、推奨される設定群の提供を開始した。これらの設定は、「Windows 10 in cloud configuration」(以下cloud config)と呼ばれ、Windows 10、「Microsoft Endpoint Manager」、「Windows」アプリに適用される。Microsoftは米国時間2月2日、新しいウェブサイトとドキュメンテーションを通して、cloud configに関する詳細情報を公開した。

オンライン会議に参加している人
提供:Microsoft

 cloud configは、Windowsの新しいバージョンやエディション、モードではないと同社は強調した。これは、「Windows 10 Pro」「Windows 10 Enterprise」「Windows 10 Education」を実行している既存のPCに適用可能な一連の設定であり、Microsoft Endpoint Managerを使って展開される。

 Microsoftは企業や教育機関を対象にcloud configを提供する。公式サイトのFAQセクションではcloud configについて、「Microsoftが推奨するWindows 10のデバイス設定であり、特定のワークフローニーズを持つユーザー向けにクラウドに最適化されている」と説明している。

 同社によると、cloud configは例えば生産性やブラウジングなど、簡素化されたニーズを持つユーザー向けだという。cloud configの恩恵を最も受けられるのは、オンプレミスのインフラに依存しないユーザー、複雑な設定などをあまり必要としないWindows 10デバイスを使用するユーザー、電子メールや「Teams」「Edge」および一部の社内基幹業務アプリなど、利用するアプリが絞られているユーザーだ。デバイスは、Windows 10のデフォルトのセキュリティベースラインで設定され、「Windows Update for Business」を通して自動更新を受け取る。

 cloud configを通して、ユーザーは「Azure Active Directory」に登録され、「Microsoft Intune」で管理される。EdgeやTeams、「Microsoft 365」アプリ(オプション)など、「IT部門によってキュレートされた」アプリ群が対象となる。

 cloud configの概要とセットアップガイドも公開されている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]