編集部からのお知らせ
特集まとめ:高まるCISOの重要性

JAL、NECなど、鹿児島空港・霧島市内で顔認証活用したおもてなしサービスを実証実験

NO BUDGET

2021-03-18 10:23

 日本航空(JAL)、NEC、霧島市、霧島市観光協会は、鹿児島空港と霧島市内で顔認証を活用した「おもてなしサービス」の実証実験を3月24日~4月21日まで実施する。

 実験では、顔認証を用いたラウンジへの入室やスタンプラリーによる旅行体験を提供する。NECの顔認証技術を用いて、生体認証データを1つの共通IDとして利用する。また、マスクをしていても認証できる技術を導入しており、利用者はマスク着用のままサービスを利用できる。

鹿児島空港でのラウンジ入室の概要
鹿児島空港でのラウンジ入室の概要

 鹿児島空港内にあるJALサクララウンジの入室実験では、マスクを着用したまま顔認証で本人確認を行うことで、安全安心かつスムーズな施設利用を可能にする。なお、マスク着用での顔認証技術の活用は航空会社では国内初という。

デジタルスタンプラリーの概要
デジタルスタンプラリーの概要
スタンプラリーのタブレット画面イメージ(左:スタンプなし、右:スタンプあり)
スタンプラリーのタブレット画面イメージ(左:スタンプなし、右:スタンプあり)

 デジタルスタンプラリーは、霧島市内の観光案内所など5カ所のスポットを巡り、設置したタブレットで顔認証を行い、スタンプを集める。空港内にはディスプレイを併設しており、スタンプの数によって変化するオリジナルフレームで記念撮影も楽しめる。スマートフォンを所有する人であれば、顔情報などを登録すると誰でも無料で参加できる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]