編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

IBM、ハイブリッドクラウドのセキュリティをシンプルに--新サービス拡充

Natalie Gagliordi (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 緒方亮 吉武稔夫 (ガリレオ)

2021-03-25 16:18

 IBMは米国時間3月24日、ハイブリッドクラウド環境で一体的なセキュリティのアプローチを実現できるよう支援する新サービスや強化されたサービスを発表した

 拡充された「IBM Security Services for Cloud」のポートフォリオは、企業がハイブリッドクラウド環境全体で、一貫したセキュリティ戦略を導入できるようにするものだ。IBMとサードパーティーの技術、IMBの専門性を結集させ、企業がクラウドエコシステム全体で統合されたセキュリティのアプローチを構築できるよう支援する。Amazon Web Services(AWS)、Google Cloud、IBM Cloud、Microsoft Azureなどの複数のクラウド環境を横断するセキュリティ管理に対応する専門性を持つIBMのスペシャリストがサポートする。

 新しいサービスは、人工知能(AI)とオートメーションを活用し、リスクを特定して優先度を判断し、クラウド環境全体で潜在的な脅威に対応できるようにする。そして、得られたデータを広範なセキュリティオペレーションやオンプレミスシステムと連携させる。

 IBM Security ServicesでOffering Management and Strategy担当グローバルディレクターを務めるVikram Chhabra氏は、「クラウドのセキュリティは、防御する側が広範囲のアタックサーフェス(攻撃対象領域)や責任共有モデル、クラウドプラットフォームとツールの急速な進化に直面し、困難を伴うように見受けられるかもしれない」としたうえで、「レガシーなセキュリティのアプローチが、この新しい運用モデルで機能するとは想定できない。どのようなクラウド環境でも、コンテキスト、コラボレーション、可視性をひとつにまとめたゼロトラストの原則に基づく戦略によって、特にハブリッドクラウドの時代に向けて、セキュリティをモダナイズしなければならない」と述べている。

 今回新しくなったサービスには、クラウドの構成ミスのリスクを減少させるほか、潜在的なリスクと脅威に関するインサイトを提供する新しいアドバイザリーサービスとマネージドセキュリティサービスがある。コンテナセキュリティサービスも提供される。また、「IBM Security X-Force Red」の脆弱性管理との統合によって、コンテナに関連する脆弱性を発見して分析し、対応策に優先順位を付けられるようにする。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]