編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

Okta、開発者向けの新たな無料プラン--最大1.5万人の月間ユーザーに対応

Natalie Gagliordi (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-04-07 11:40

 認証とID管理を手がけるOktaは米国時間4月6日、開発者向けの新たな無料プラン「Okta Starter Developer Edition」をリリースした。これには、改善されたドキュメントや新たな連携機能、最大1万5000人の月間アクティブユーザーのサポートが含まれる。Oktaの既存の無料プランでは月間アクティブユーザー数が1000人に制限されているため、この新しいリリースによって、中小企業での利便性が大幅に向上するだろう。

 Oktaは開発者会議「Oktane21」を4月6日~8日にわたり開催している。同社は、開発者が同社の認証、アクセス管理、および顧客ID製品をハイブリッド、クラウドネイティブ、またはマルチクラウド環境のソフトウェアサプライチェーン全体に簡単に組み込めるようにするツールキットとして、この新しい開発者体験を宣伝している。

 同社によると、Okta Starter Developer Editionには、アプリ開発のライフサイクルへの充実したサポートを提供する再設計されたコンソールに加えて、DevOps、SecOps、およびAPIセキュリティツール群との新しい連携も含まれているという。新しい連携には、CI/CDパイプライン全体でIDを自動化する「Heroku」、APIを保護する「Kong」が含まれる。さらに、「Terraform」プロバイダーのアップデートにより、複数の環境をまたいでOkta設定を複製することも可能になった。

 Oktaの最高製品責任者(CPO)であるDiya Jolly氏は、「Oktaのビジョンは、誰もがあらゆるテクノロジーを安全に使用できるようにすることだ」と述べた。「開発者はそのビジョンを実現するための基盤だ。Oktaによって、開発プロセスのあらゆる部分を容易にすることが当社の目標だ。開発者はStarter Developer Editionを使用して、コストを全くかけずに準備を整えることができる。再構築された当社の開発者体験は、開発基盤となるハイブリッド、クラウド、またはマルチクラウド環境で開発者のツールチェーンとシームレスに連携するツール群を提供する」(同氏)

 Oktaは3月、顧客IDおよびアクセスを手がけるベンダーAuth0を約65億ドル(約7000億円)相当の株取引で買収する計画を発表した。この買収によりOktaは、Auth0のIDおよびアクセス管理ポートフォリオによって、獲得可能な市場を拡大できるだけでなく、開発者にリーチしてOktaのプラットフォームを拡張することもできる。Auth0は無料プランに加えて、B2CおよびB2B市場向けの開発者バージョンも提供している。

 Okta Starter Developer Editionと連携機能は6日から一般提供されている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]