編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

AWS、「CodeGuru Reviewer」のPython対応を一般提供

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-04-09 12:42

 Amazon Web Services(AWS)は米国時間4月7日、コードレビュー自動化ツール「Amazon CodeGuru Reviewer」を「Python」に対応させたと発表した。このツールは見つけにくいコードの問題を検出し、コード品質を改善できるように支援する。

 AWSは2020年12月に、Python対応のプレビューを提供していた。今回はその一般提供を開始した。

 Pythonは、その習得のしやすさと、「NumPy」や「SciPy」など特定の科学計算アプリケーション向けのアドオンパッケージが豊富なことから、人気の高いプログラミング言語の1つになっている。

 CodeGuru Reviewerは、AWSの機械学習アルゴリズムを使用して、アプリケーションの開発中に問題を特定する。例えば、コードを記述した開発者がその組織を離れると、元のコードの構造を理解していない後任の開発者がコードの保守や更新に苦労するため、負担の大きなコードになることがある。

 AWSのツールは、開発者の間で人気が高い2つの言語、Pythonと「Java」に対応する。

 一般提供への移行に伴い、CodeGuru Reviewerの対象範囲を拡大し、「既存の検出機能の推奨事項を増やし、社内で検証した新しい検出機能を追加した」と、Amazon CodeGuruチームはブログで説明した。

 AWSはこのリリースで、新たにコード保守性と不正入力の検出機能を追加した他、リソースリークの検出機能を改善した。

 コード保守性検出機能は、下流でのテスト、保守、リファクタリングに役立ちそうなコード構造を示したメトリクスを提供する。つまり、コードの可読性を向上させることで、将来的な保守性を改善することが目的だ。

 不正入力の検証検出機能は、予期せぬ入力を検出して、ソフトウェアの信頼性とセキュリティの向上に対処する。

 リソースリーク検出機能は、オープンファイル記述子の他、コネクション、セッション、オープンソケット、並列処理スレッドプールのリークを検出する。

 同サービスは料金体系が変更され、月額固定料金となった。リポジトリーのコードの総行数によって設定されており、最初の10万行のコードは月額10ドル(約1100円)だ。その後追加される10万行ごとに、月額30ドル(約3300円)加算される。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]