編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

マイクロソフト、法執行機関からのデータ開示要請が増加--半期レポート

Stephanie Condon (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-04-19 13:10

 Microsoftは米国時間4月15日、法執行機関から受けたデータ開示要請についてレポートを公開し、2020年に開示要請が増加したことを明らかにした。

 このデータは、Microsoftが半年ごとに発表する「デジタルトラスト」レポートの1つである「Law Enforcement Requests Report」に掲載されている。これを見ると、同社がデータ開示やコンテンツ削除の要請にどのように対応しているのかが分かる。

 最新のLaw Enforcement Requests Reportでは、2020年7月~12月が対象となっている。この期間に、Microsoftは消費者サービス関連のデータについて、米国の法執行機関から5682件の法的な要請を受けた。2020年上半期を対象とした前回のレポートでは、米法執行機関から同様の要請が5507件あったことが明らかにされており、2020年通年の要請件数は計1万1189件となった。

データ開示要請内訳
米当局からの要請を受けたMicrosoftによる対応の内訳
提供:Microsoft

 過去数年(2017年、2018年、2019年)、米法執行機関からの要請件数は9100件~9400件の間に収まっていた。

 全世界に目を向けると、Microsoftは2020年下半期、消費者サービス関連のデータについて、法執行機関から2万4798件の要請を受けた。2020年上半期の要請件数は2万4093件だった。各国の法執行機関の中で要請件数が最も多かったのは米国で、ドイツ、英国、フランスがこれに続いた。

 法人顧客のデータに関しては、Microsoftは2020年下半期に世界中の法執行機関から109件の要請を受けた。そのうち69件では、要請が拒否または撤回されたか、法執行機関が顧客に直接連絡するに至った。

 それ以外の40件で、Microsoftは要請に応じて何らかの情報を提供することを余儀なくされた。そのうち19件では、何らかの顧客コンテンツの開示を要求され、21件では、コンテンツ以外の情報のみを開示することを余儀なくされた。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]