編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

DNS脆弱性の発表で知られるダン・カミンスキー氏が死去--享年42歳

Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-04-27 13:21

 卓越したセキュリティ専門家のDan Kaminsky氏が42歳で死去した。

 その死は先週末に明らかにされた。同氏のめいであるSarahさんが発表した声明によると、Kaminsky氏の死因は糖尿病によって引き起こされる重篤な合併症である糖尿病性ケトアシドーシスだったという。新型コロナウイルスやそのワクチン接種とは無関係だ。

 Sarahさんは「彼の死は私たちにとって突然であり、予期せぬものだったが、Danは何年も糖尿病に苦しんでいて、最近もそれが原因で入院していた」と述べている。

 声明には「Danであれば、その死をワクチン接種反対のプロパガンダに利用しようとする陰謀論者のアイデアを一笑に付すだろう。しかし彼が絶大なる信頼を寄せていたワクチンに関する虚偽の情報を広めるためにその死が利用されるのは、家族として痛みを禁じ得ない」と記されている。

 Kaminsky氏は、2008年に開催された「Black Hat」セキュリティカンファレンスの場でDNSに潜んでいた根本的な脆弱性を明らかにした。これにより、複数のベンダーが連携してパッチをリリースすることになった。

 DNSに対する同氏の功績は有名だが、同氏はサイバーセキュリティ分野で数十年にわたって活動し、Fortune 500に名を連ねる多くの企業のアドバイザーとしても活躍していた。

 情報セキュリティのコミュニティーはソーシャルメディア上で、同氏がサイバーセキュリティ分野における寛大でいたわりの心を持った、「ヒーロー」かつ「並外れた能力を有する人物」だったと描写している。

Marc Rogers氏
DEF CON
Nmap Project
EFF
Ian Coldwater氏

 DNSについて説明するKaminsky氏とSarahさんの動画がTwitterに投稿されている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]