佐藤可士和氏率いるサムライ、Dropboxで「オンライン仕事場」

藤代格 (編集部)

2021-05-17 07:15

 ブランドプロデューサーの佐藤可士和氏が設立、ユニクロや楽天グループのグローバルブランド戦略などを手がけるサムライ(渋谷区、従業員数10人)は、クラウドストレージサービス「Dropbox Business」を採用。

 コロナ禍によるリモートワークを中心とした新しい仕事の進め方を検討した結果、社内ファイルサーバーから移行したという。5月14日、Dropbox Japan(中央区)と導入を支援したToo(港区)が発表した。

 Macの「Finder」やWindowsの「Explorer」などの延長線上にあるかのようにが扱えるシンプルな構造と操作性、保存データ容量が実質無制限な点などを評価したという。

 導入を支援したTooのユーザー向けレクチャーも高く評価している。

 オンラインファイルをローカルファイルのように扱える「スマートシンク」、大容量かつ多数のファイルを簡単、まとめて転送できる「Dropbox Transfer」などの機能を活用。

 リアルタイムでデータ状況を共有でき、誰が、何を、どこまでやっているかを可視化できるという。

 データの点在、古いファイルの送信リスクなどが減らせるとともに、外部へもスムーズにファイル共有できると説明。

 クリエイターがクリエイティブに集中してパフォーマンスを発揮できる体制を整え、主体的に効率よく働ける環境を構築するという。

 さまざまなデバイスから都合のいいタイミングでアクセスできる「オンライン仕事場」を構築し、国内外数多くのクライアントや協業者とのコラボレーションを安全かつ効率的に遂行するとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]