x86サーバー「PowerEdge」に新モデル、設計見直しで消費電力を抑制 - (page 2)

阿久津良和

2021-05-21 06:30

 前世代となる第14世代では、エアフローを中心に設計されたシャーシの機械構造「マルチベクタークーリング」を搭載。今回の第15世代では、「廃熱とエアーフローを熟考した『マルチベクタークーリング 2.0』を採用し、標準の冷却ファンに加えて(最大2万RPMの)『HPR Silver Fan』や(最大2.4万RPMの)『HPR Gold Fan』を投入。ヒートシンクも高性能ヒートパイプを内蔵し、システムボードレイアウトを見直して、2基の電源を両端に分離」(岡野氏)。前面から取り込んだデータセンターの冷気で各部を冷却しながら、背面に排出するエアーフローを実現したという。

PowerEdge R750xaのシステムボード
PowerEdge R750のシステムボード

 PowerEdgeには、リモートでハードウェアを管理できるツール「Integrated Dell Remote Access Controller(iDRAC)」が組み込まれており、現行版の「iDRAC9」は運用管理ツール「OpenManage Enterprise」と統合されている。OpenManage Enterpriseのプラグインとして活用できる「Power Manager」は温度に加えて、消費電力の制御機能も備える。

 電力や温度を用いたしきい値に基づくCPUやメモリー単位の電力キャッピングで自律的なサーバー運用管理が実現できると説明。サーバー単体のみならずグループ単位やフロアー単位での管理、可視化にも対応する。

 一連の機能は「iDRAC Datacenter」ライセンス契約が必要となるが、デル・テクノロジーズが提唱する自律型コンピュートインフラを実現するための一助になることは間違いない。また、独自機能として刷新したハードウェアRAID「PERC(PowerEdge RAID Controller) H755N」、ハードウェアRAIDをブートデバイスとして指定できる「BOSS-S2」も備える。

PowerEdge背面に用意したBOSS-S2のスロット
PowerEdge背面に用意したBOSS-S2のスロット

 PowerEdgeの販売戦略としてデル・テクノロジーズは、PowerEdge R750xaを含むPowerEdgeのGPUサーバーに加えて、GPUを仮想化する「VMware vSphere Bitfusion」、GPUインスタンスを分割して実行できる機能「NVIDIA Multi Instance GPU(MIG)」など最新技術を検証できる「AI Experience Zone」を東京都港区と米テキサス州オースティンに開設した。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]