編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

シスコ、オブザーバビリティープラットフォームのEpsagonを買収へ

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-08-17 11:10

 Cisco Systemsは米国時間8月13日、オブザーバビリティー(可観測性)プラットフォームを手がけるEpsagonを買収する意向を明らかにした。

 Epsagonのテクノロジーは、コンテナーやサーバーレスを含むアプリケーション環境における分散追跡システムに注力したものとなっている。Ciscoによると今回の買収は、同社のフルスタックオブザーバビリティー戦略の強化を促進する上で重要な役割を担う。

 Ciscoのフルスタックオブザーバビリティープラットフォームは、「Cisco AppDynamics」「Cisco ThousandEyes」「Cisco Intersight」などで構成されており、アプリケーションやネットワークインフラ、セキュリティを含む全体の可観測性を提供している。Ciscoは、同社のオブザーバビリティーに関するビジョンとロードマップがEpsagonのテクノロジーと人材によって補完されるとしている。

 Ciscoの最高戦略責任者(CSO)兼アプリケーション担当ゼネラルマネージャーLiz Centoni氏はブログで、「Epsagonのテクノロジーと人材は、Ciscoのビジョン、すなわち業務上のコンテキストに軸足を置いた、業界をリードするソリューションを通じて企業が比類なきアプリケーションエクスペリエンスを提供できるようにするというビジョンと極めて親和性が高い」としている。「フルスタックで可視性と洞察をコンテキスト化し、関連付けることで、チームはコラボレーションを強化して、システムをより良く理解し、問題を迅速に解決し、アプリケーション体験を最適化するとともにセキュアにして顧客を満足させることができる」

 買収が完了すれば、EpsagonのチームはCiscoの戦略、インキュベーションおよびアプリケーショングループに加わる。買収条件は明らかにされていない。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]