シスコ、「AppDynamics」のオブザーバビリティ強化へ--Dashbase買収を発表

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-12-23 12:17

 Cisco Systemsは米国時間12月22日、エンタープライズソフトウェアを手がける新興企業Dashbaseを買収する意向であると明らかにした。Dashbaseのログやイベントを分析するテクノロジーで「AppDynamics」を強化するという。Dashbaseはリアルタイムコミュニケーションの分野でも名が知られており、さまざまなコミュニケーション環境からのログデータを組み合わせるソリューションを提供している。

 Ciscoは、Dashbaseのテクノロジーによって、アプリケーションパフォーマンス管理ソリューションAppDynamicsのオブザーバビリティ(可観測性)が強化されると述べた。Ciscoは3年ほど前にAppDynamicsを約37億ドルで買収した。

 同社は、Dashbaseのログ/イベント分析テクノロジーをAppDynamicsプラットフォームに統合することで、「テクノロジーやユーザー、ビジネスといった領域を横断」して、データの複雑さを一元管理、統制し、顧客のデジタル変革を加速していけるようになるとしている。

 AppDynamics担当のゼネラルマネージャーLinda Tong氏は、「Dashbaseによって顧客は、クラウドと従来型の環境を横断する、より幅広く、極めてユニークかつ比類ないデータソースを、大規模に、かつ高いパフォーマンスでサポートできるようになる結果、パフォーマンス関連の問題についてより深い洞察が得られるようになる」と述べた

 AppDynamicsのポートフォリオは、Ciscoにとってますます重要性を増している。Ciscoは買収したAppDynamicsによって、ソフトウェアの取り組みを加速させるとともに、企業によるアナリティクス投資を獲得する手段となった。AppDynamicsのソフトウェアは、アプリケーション間を流れるメトリクスを監視できるため、アナリティクスとモニタリングを融合させている。また最近では、AppDynamicsの自動化や機械学習(ML)を中心とした機能も強化されている。

 買収条件は明らかにされていない。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]